« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月30日

近況(11月30日)+入院生活のつぶやき(CAMERAマガジンNo.17)

近況(11月30日)+入院生活のつぶやき(CAMERAマガジンNo.17)
スマホをいじってAmazonで購入し,妻に差し入れてもらったフィルムカメラの専門誌。今回の特集はその名も「LEICA 人生にライカを」。M型,バルナックの各代表機や,一部のレンズの相場まで載っていて誠に目の毒。十数年前,自分がM3やM2に手を出した頃と比べると結構安くなっている。一度は手放したM3が再び欲しくなったし,黒塗りのスタンダードやA型も欲しくなる。実用機として使い込まれ,角が磨り減ったり凹んだりして地金の色が現れた現行MPにググッと惹かれたり。非常に危ないところだった。そして,特集記事の中で紹介されていたいろんな人の作品を見ているうちに,M2かIIIfに白黒フィルムを詰めて(レンズは1本だけ)ちょっとした旅行に出掛けたくなった。

でも,いくら現役のフィルムカメラが少ないからといって,「入門者向けの信頼フィルムカメラ」の項の中で,NIKON F6を挙げるのってどうよ…。

今日は,午前中のリハビリで,膝の屈折+平行棒を使って軽く歩行。当然のことながらまだ右脚には体重は掛けられず,爪先を軽く着く程度。久々に下げたせいか,右脚全体が赤くなる。この先の見通しは不明だけど,まぁ少しずつ進んでいるところ。

今日の甘味。奈良町土産。
近況(11月30日)+入院生活のつぶやき(CAMERAマガジンNo.17)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月29日

近況(11月29日)+つぶやき(今月号のアサヒカメラ誌其の弐)

今日の朝飯のお供と今日の甘味。
近況(11月29日)+つぶやき(今月号のアサヒカメラ誌其の弐)

近況(11月29日)+つぶやき(今月号のアサヒカメラ誌其の弐)
後者は妻の土産。抹茶がかなり効いていた。

今月号のアサヒカメラ誌に,スマホを露出計にするアプリが紹介されていた。一瞬,「おっ!」と思ったけど,単体露出計を使った方が数十倍も便利であることに気付いた。緊急用としては使えるんじゃないかとは思う。機種変更が先だろうけど。

昨日の明け方の撮影に気を良くして,昨日のうちに愛用のLX5を妻に差し入れてもらったけど,今朝は日の出時刻には寝坊(5時に一旦起きてしまったせい。)。日の出前の生駒山地を撮り損ねた(なお,以前に妻から借りたコンパクトデジカメRICOHのCX5は,スマホが手元に来てからほとんど使わなくなったので,妻に返却してしまっていた。)

昨日,院内を単独で車椅子で動き回って良い?との許可が出た。既に月曜日からリハビリ科への移動は一人で行なっていた。これで行動範囲が少し広がった。もっとも,実際のところ,エレベーター待ちがかなり面倒で(特に面会時間帯),あまり出歩く気にはならないけど。今日は他の階の自販機への買い物に活用。

「アクシア女史、飛行船で人狼城を訪う」読了。続編も既に購入済。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月28日

入院生活のつぶやき(散髪)

入院生活のつぶやき(散髪)
注文していた重りが届いた。1kg/1個。早速左足に巻きつけて筋トレ。

入院生活ももう約2ヶ月弱。髪も結構伸びてきて,多くの看護師から髪が伸びた旨指摘を受けるようになってきた。まとまりもなくボサボサ状態。さすがに入院中はいつものように自分で散髪をするという訳にはいかない。幸い,病院内には美容室があるようなので,散髪の間の右脚の置き場が確保出来るようなら散髪にいきたいと思っている。約4年ぶりの床屋になる。この際,思い切って短くしてみようかと思っているところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月27日

入院生活のつぶやき(アサヒカメラ誌)

入院生活のつぶやき(アサヒカメラ誌)
先週からの朝食の付け合せ。骨折対策でのCa摂取。最近の発見は,チーズも十分ご飯のおかずになるということ。

妻に差し入れてもらった今月号のアサヒカメラ誌を読んで,デジカメ用の無線LANアダプターはあると便利かなと思った。活用できれば外出先からの掲載用にわざわざスマホでイマイチな画像を撮らなくて済む。残念ながら,手持ちの中にはSONY NEX-6やCANON EOS 6Dのように内蔵している機種はないし,NIKONの純正アダプターは出っ張りが気になる。SDカード型なら出っ張りを気にしなくて済むけど,使い勝手,対応関係が不明。もう少し調べてみないといけない。いずれにしても,メモリ不足の今のスマホを機種変更するのが先なのだろうけど。

今日は体重測定の日。60.75kg。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月26日

入院生活の与太話(m4/3諸々)

先日,NIKONのCXマウントへの乗り換え云々という与太話もしたけど,悩ましいのは自分自身における今後のm4/3システムの扱い。

自分の場合,実はレンズ交換式のデジカメはm4/3機(PANAのGF1)が初めて。これを選んだのはマウントアダプターでLeica MLマウントのレンズを使えると知ったから。でもどちらかと言えば広角中心のLeicaマウントレンズの焦点距離が2倍になってしまうのが難点で,その後GXRを入手し,Leicaマウントレンズを焦点距離1.6倍程度で使えるようになり,自分的にはm4/3機でLeicaマウントレンズを使う機会は激減。興味本位で買ってしまったAUTO110マウント用アダプター+同レンズ3本,調子に乗って買ってしまったNIKON Fマウント用アダプターも殆ど眠った状態。m4/3機でマウントアダプターを使うのはCマウントくらいになってしまった(それもケラレの関係で殆ど1本だけ。)。なので,最近では,m4/3機(代替わりしてPANAのG3)に関してはPANA純正のパンケーキレンズ,20mm,f1.7を使うことばかり(たまに純正14mm,f2.5)。

そして,デジタル一眼レフのD7000等を入手した後では,手持ちのm4/3システムでは,他のデジカメで撮影した時と比べ,なかなかこれと言う写真が撮れないと感じることが多くなってしまった。コンパクトデジカメ(PANAのLX5)でもそこそこの写真が撮れてしまうこともあって,m4/3機はやや出番が減ってきているのが実情(最近は食事撮影用に使うことばかり。)。

m4/3システムも,広角ズームや大口径の望遠ズーム等(特にPANAの12〜35mmf2.8と35〜100mmf2.8の大口径ズームレンズは魅力的 ),もっと手持ちの交換レンズを充実させられれば使用頻度も増えるとは思うけど,そうなるとデジタル一眼レフとの住み分けをどうするのかということや,断捨離を進めなければならないのにこれ以上機材を増やすのは如何なものかという問題もあり,手を出せずにいる。

一眼レフと比べてコンパクトに収まるのは捨て難く,特にデジタル一眼レフをフルサイズに変更した現状において(もっとも,D7000とD600ではほとんど大きさの差はない。),どうしても荷物を減らさなければならない場合にこれ程ふさわしいシステムはないのは重々承知しているのだが…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年11月25日

三連休三日目

三連休の三日目。

珍しく?快晴(に近い晴れ)。朝食後は,部屋の窓から大阪マラソンのスタート直後の様子を眺める。

一昨日から,左脚の筋力低下を防止するため,左足首の上に枕を置いて膝の屈折運動をするようにしている。もう少し効率的に行なうため,足首に巻き付ける重りを手配した。でもこれだと脹脛の筋肉は鍛えられないので,新たな運動も検討中。

三連休三日目

「アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う」を読了。第二作の「アレクシア女史、飛行船で人狼城を訪う」を読み始める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月24日

三連休二日目他

Dsc_01091
エレベーターホールの窓から望む生駒山地。朝方,空気の入れ替えのためか窓が開いていた。冷たかったけど,一月半ぶりに外気に触れられた。

生駒山地と言えば,暗峠。この秋のうちにもう一度だけお子様ギア(前32T×後28T)で挑戦したいと思っていたが,叶わずに終わってしまった。

三連休二日目も恙無く終わる。

昨日の甘味。阿倍野ポテト。一緒に写っているのは安倍晴明神社ご祈祷済の有難い飴玉。
Dsc_0101_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月23日

三連休初日

三連休初日

入院中の者には全く恩恵のない(むしろ殆ど治療がない分,時間の過ごし方に苦労する)三連休の初日。

どうも今年は紅葉狩りには行けそうにない。病室の窓から見える大阪城の周りの景色(一部,赤や黄色に色付いている。)で我慢するしかなさそう。

今日から,先日readerストアで購入した「アレクシア女史、倫敦で吸血鬼と戦う」,ゲイル・キャリガー(著),川野靖子(訳)を読み始めた。作品も,作者のことも全く知らないまま,readerストアの紹介文だけで購入を決意したもの(書店の店頭で帯の紹介文だけで本を買うのと同じくらいのノリか。)。

今日の夕食は勤労感謝の日にちなんだ?栗ご飯。724kcal。
三連休初日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月22日

入院生活の与太話(CXマウント)

入院生活の与太話(CXマウント)

以下,多くの人にはイミフメな与太話。

入院後,ネットに接続できるようになるまで約1ヶ月も空いたこともあり,NIKON 1 V2の姿を確認することができたのは,その発表からしばらく後のこと。当初は,J1→J2の時のようなマイナーチェンジなのだろうとの認識でいたけど,V1から大きく姿が変わっていて驚いた。ただ,個人的にはゴツくなり過ぎているとの印象(モードダイヤルが付いたのは歓迎だけど。)。仮に自分が使うとしても,お散歩カメラくらいの位置づけなので,V2のごつさはやや大袈裟という感じ。今後はさらに値下がりする(はずの)V1の方が費用対効果は高そう(あくまで自分にとってはの話。)。

このNIKONのCXマウント(1インチセンサー)は,手持ちのCマウントレンズ用にそこそこ興味があるのだけど(但し,露出計が全く効かない完全マニュアル撮影),それ以外では用途的にm4/3機と被る(ような気がする)のが最大の難点。センサーの大きさの割りには本体の大きさがm4/3機より少し小さい程度というのもその理由の一つ。超望遠レンズでの撮影(鳥,飛行機等)が多いのなら純正アダプターとNikkorレンズの組み合わせ(焦点距離約2.7倍)はそれなりに使い勝手はあるのだろうけど,自分の場合は余り当てはまらないし…。

…などと思っていたけど,今月号のアサヒカメラ誌を読んだら,機能面でV2の方にも興味が湧いてきた。いっそのこと,m4/3から乗り換えてみようか…などと,入院生活の暇に任せて悩んでみる。

添付画像は昨日の甘味。谷町筋近くのタルト屋(名前失念)のモンブラン。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月21日

近況(11月21日)

近況(11月21)
添付画像は昨日の甘味。「天下人(栗入り)」。大阪銘菓とのこと。その名のとおりかなり大きなどら焼き。店は通勤経路にあるらしいけど,意識していなかったので,妻に言われても全く分からない状態。

本日も午前中に右足首のリハビリ。一昨日より+5度曲がるようになった。

午後には右脚の傷口の処置。膝頭の傷口はだいぶ肉が盛り上がって来ていた。このままいけば皮膚移植は不要になりそう。良い傾向。

「廃帝綺譚」読了。 一応独立はしているけど,先に「安徳天皇漂海記」を読んでおいた方が良い短編集。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月20日

近況(11月20日)

近況(11月20日)
某泥Y田氏からいただいた野辺山土産 。泥の香り。

昨日から右足首のリハビリが始まった。看護師さんから散々脅されていたけど,約20分のうち痛みとの格闘の時間は極僅か(今日のは昨日に比べてきつかったけど。),己の身体を苦しめることには慣れているので,まぁ耐えられそう。

今日は体重測定の日。59.15kg。

一昨日からreaderストアで買った「廃帝綺譚」を読み始める。「安徳天皇漂海記」の後日談的な物語。 少しずつじっくり読んでいるところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月19日

入院生活の与太話(泥レース)他

入院生活の与太話(泥レース)他

一昨日,昨日と開催された野辺山シクロクロス,盛況だったとのこと。以下,入院生活の暇に任せた与太話。

気になったのは,多くの選手が泥づまりでリアメカ(後変速機)やリアエンドを壊してしまったという話(午前中のレースでは1レース当たり10人くらいとの話も。)。オフロードのレースでありこの種の事故(トラブル)が全くないようにするのは不可能だと思うし,適度?な事故の発生は盛り上がりに繋がるとは思うけど(失言?),1レースで10件くらいというのはやっぱり多過ぎる。コースの構造等,何とかならないかとも思う。

…などと書いたけど,まぁ,それらの事故は,昨年の泥区間程度の範囲での発生に留まっていたみたいだし,そうだとすれば,その区間は担ぎ区間と割り切れば良いだけで,事故は自己責任とも考えられるのだろう(自分だったらそうしてたはず。)。

ただ,そのような「担ぎ区間」が延々と続くようなコース(例えば昨年度の東北シクロクロス最終戦の菅生のようなコース。泥ではないけどお台場シクロクロスの砂浜区間も似たようなもの。)は勘弁願いたい 。シクロクロスはあくまでも自転車競技。担ぎ区間は適度にあるから良いのであって,延々と担ぎ区間が続くとすればもはや何の競技だか分からなくなる。

取り留めのない与太話は以上。

今日の昼食はカレーライス。片栗粉たっぷりのルーって味だけど,そこはご愛嬌。1009kcalとこれまでの最高値。夕食はあじのマリネ他。743kcal。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月18日

入院生活のつぶやき(BE-PAL誌)他

特にこれと言う出来事もなく過ぎた一日。

付録目当てで購入したBE-PAL誌,折角なのでパラパラと目を通す。改めて見ると広告ばかり。自転車生活がレース志向になる前は諸々のアウトドア用品に煩悩をくすぐられることが多かったけど,その手の欲求が感じられなくなって久しい。まぁ,これと言う内容はないけど,「猪のスペアリブ・オレンジソース」は写真を見ているだけで涎が落ちてきそうなほど美味そうだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月17日

近況(11月17日)

昨晩はテレビで「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を観てから就寝。今日から上映が始まる「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」を観たくなるような展開。

これまで余り意識していなかったけど,就寝の際,暴走族のクラクションがやや鬱陶しく感じられた。

今日は予報どおり朝から雨。

昨日から読み始めた「安徳天皇漂海記」を読了。史実への妖異的な味付けはこの作者ならでは。

今日の夕食は「ヘレカツ」等だった。さすがに934kcalと高め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月16日

近況(11月16日)

近況(11月16日)
一昨日の大阪城のライトアップの状況(青色)。

午前中に,週明けからの右足首のリハビリの準備のため,リハビリ科にて受診。本命?の右膝のリハビリを始めることができるのは何時になるであろうか。

午後から右膝の傷口の措置。皮膚移植を見送って様子を見ていた右膝左側の傷口も,周囲から皮膚が広がり,傷のところも肉が盛り上がって来ていた。良い調子。

逆に,足から飛び出している針金?のうち1箇所から滲出液。抗生物質を処方されることに。

スマホでreaderストアを確認して,妻に頼んで電子書籍を買ってもらうという手があることに気付き, 今日から宇月原晴明著,「安徳天皇漂海記」を読み始めた。この著者の他の作品も面白かったので楽しみにしているところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月15日

近況(11月15日)

近況(11月15日)
冷え込んだ一日。病室内は20度ちょっとあるけれど,剥き出しの足先の冷えが気になるようになってきた。

今日,右足首を軽く固定していた部分が外れた。右膝以外に右足首付近も骨折しているのだけど,こちらは単純?な骨折なので,受傷からそろそろ6週間,骨もくっつき始めているとのこと。来週から右足首のリハビリも開始予定らしい。

昨日までに「屍者の帝国」につき2度目の読了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月14日

入院生活の毒吐き

大人げないことは分かっているけど,言わずにはいられない今日この頃。

自分が入院する羽目になって初めて認識させられたのは看護師の仕事の過酷さ(医者は当然として。)。頻繁な夜勤,我儘な患者への対応(本当に好き勝手言っていた輩もいた。)等等,そんなことまでしなければならないのかと全く頭が下がる思いである。こんな激務が待遇面でどこまで報われているのかと心配になる。

そこで気になるのが官民格差を理由に公立病院の看護師の給料が「高すぎる。」として給与削減をつぶやいている某市長。ずっとつぶやきを追っていたけど,ただ「官民格差」の存在のみを理由にしているだか。どうして民間の「看護師」の給与水準が適正と断言できるのか,どうして公務員の看護師の給料が「高すぎる。」と断定できるのか,好き勝手に喚き散らすだけ。頭の中身を疑ってしまう。昨日から本当に腹立たしい。

さらにやっかいなのは,そうした「官民格差是正」の掛け声には内容も考えずに賛成してしまう輩の多いであろうこと。気持ちが益々落ち込む。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月13日

入院生活のつぶやき(来年の手帳)

今日は体重測定の日。59.60kg。前回の時とほぼ同じくらいか。

ここ2年くらいは持ち歩き用の手帳(スケジュール帳)として,KOKUYOの野帳型のカレンダー式月間手帳を愛用してきた。仕事関係の細かい予定は職場のパソコンでの管理で十分であり,紙の手帳は月間の予定が把握できれば十分だった(細かい時間はgoogleカレンダー+スマホで把握)。ところがたった2年で廃盤になってしまったらしい。仕方ないので付録の「旅人手帳」目当てで今月号のBE-PAL誌を購入してもらう。結果的にはかなり高くついた。再来年は,普通の野帳(升目式)に線を引いて自分で月間予定帳を作るかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月12日

入院生活のつぶやき(携帯のアドレス)

今日は,午前中から昼過ぎまでは比較的のんびり過ごせたが,夕方から盛り沢山でバタバタした一日だった。

現在使っているスマホ(XPERIA ACRO,SO-02C)の最大の欠点は,内部ストレージの容量不足。ここ数ヶ月は「容量不足」の警告を何度か目にするがようになった。やむを得ず使用頻度のアプリを削除しまくってなんとか対応しているところ(幸い,ここしばらくは落ち着いている。)。

一番容量を食っているのはSPモードメール(携帯電話のメール)。スマホにしてから,niftyのアドレス宛のメールについてもスマホで確認できるようになったので,はっきり言ってSPモードメールの必要性はなくなっている。早くアプリ自体を削除してしまいたいところだけど,今も携帯のメールアドレス宛にメールを送ってくる人がいる。削除前にそれらの人にメールで告知しなければならないとは思うのだが,その告知文をスマホで入力するのが面倒。この作業も退院後になりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月11日

近況(11月11日)

朝から肌寒い一日。間もなく雨も降り出す。気持ちも滅入りがちな日だった。

昼過ぎまでに「屍者の帝国」読了。少し余韻に浸る。もう一度通して読んでみたいと思っているところ。

先一昨日くらいから,腹筋の方は1セットを20回から30回に増やし,一日当たりのセット数を減らした(セット数が多くなると何セットやったのか分からなくなるため。)。昨日は5セットを消化。また,少しでも消費熱量を増やさんがため,昨日からトイレまでの間の車椅子も自分で回して移動するようにし始めた。結構負荷が掛かる。

今日の夕食はドリアだった。まぁまぁなお味。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月10日

近況(11月10日)

近況(11月10日)
今日の夕食はちらし寿司だった。

昨晩は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」を観てから就寝。入院してなかったら録画しただけで済ませていたと思う。来週金曜日夜の予定も決まった。

「屍者の帝国」は第二部を読破。今日のところはここまでで我慢。

一昨日に患部のレントゲン撮影が行なわれたが,角度の問題か,手術した右膝部分の骨が少し離れているように見えたらしい。 そのため昨日は機械を使った右膝の運動は中止となったが,急遽実施したレントゲン撮影の結果,やはり単なる角度の問題であったことが判明。今日から運動を再開。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 9日

入院生活のつぶやき(読書)

今現在,一日の中では新型readerで読書している時間が一番多い。もっとも,全てが手持ちの書籍をPDF化したものなので,いずれも過去に読んだことがある本。それでも数年ぶりに読むと結構新たな発見はある(単に忘れてしまっただけかもしれないが…。)。

と云いつつ,少しは変化?も欲しいので,妻に頼んでreaderストアで「屍者の帝国」を購入し,新型readerに入れてもらう。PDF化した書籍と違って文字サイズが大き目で読み易い(サイズは自由に変えられる。)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 8日

入院生活のつぶやき( 食事編其の弐 )

入院生活のつぶやき( 食事編其の弐 )
午後から盛り沢山の一日だった。

11月5日の昼食から,それまでの軟菜食から常食に変更してみた( 何故かご飯の量が200g →250gになった。)。前歯が一部欠けたままなのが心配だったけど,今のところは特に問題はない。

朝食も少しは変化するのではないかと淡い期待を持っていたけど,ご飯+味噌汁+その他(あまりご飯のおかずにならない)一品という組み合わせには変わりなかった。

常食に変えたことで初めて登場したのは今日の昼食の「ミートスパゲティ」。フォークが初めて役立った。まぁ,麺はそれなりの出来だったけど,久々のパスタを楽しむことが出来た(パルメザンチーズ,タバスコがないのはやや残念←贅沢?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 7日

入院生活32日目(腹筋)

今日も平穏な?一日だった。

全く動かせない状態の右足の脹脛は早くもぶらぶら垂れ下がり始めている。左足はまだ張りは残っているが,徐々に筋肉が落ちていっているのが実感できる。

今の生活状態からして脚の筋肉の衰えを防ぐのは難しいのだが,少しでも身体を鍛えるべく,少し前から,腹筋を一日60回(20回×3セット)で開始した(直接のきっかけはきんつば13個/日だったりして…。)。

現在は一日120〜140回(6〜7セット)まで増やしているところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 6日

あれから1ヶ月他

あれから1ヶ月他
部屋の窓からの光景。

ある意味において自分の人生を変えてしまった日から1ヶ月が経過。長い1ヶ月だった。

部屋でスマホを使うことができるようになり,つぶやきやらFBやらを読むことができるようになった。シーズン入りのせいもあり,ここ数日はシクロクロスの話題ばかり。今の自分にとってはやや遠い世界の話に聞こえてしまうのがやや寂しい(と云いつつ目を通しているけど。)。

本日も体重測定。これまではハンモック式や車椅子毎の計測(後で車椅子の重量を差し引く)だったけど,今回は立って計測する方式に挑戦。右足は地面に着けられない状態だけど,両手で支えられる方式だったので,すんなり計測することが出来た。59.5kg。少し増えたが,前回の計測後,差し入れのきんつば(賞味期限一日という生菓子!)15個中13個を仕方なく一日で食べざるを得なかったのが原因っぽい(なお,残りの2個は翌日来た妻に食べてもらった。言うまでもなく妻には暴食を叱られた。)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年11月 5日

入院生活のつぶやき(体重)

平穏?な一日。

入院直後の10月10日に初の体重測定。67.2kg。我が生涯で一番重い状態。この時点では右足はパンパンに腫れ上がった状態だった。

この先どうなるのかと思ってたけど,15日の測定の際には62.2kg。看護師さんの説明だと,点滴を沢山入れたせいで増えていた体重が,その後尿で水分が排出されて落ち着いてきたとのこと。今後はさらに体重は減るとのこと。その説明どおり10月17日は60.4kgになっていた。

10月18日の二度目の手術後の19日は,創外固定の金具が付いたこともあり,61.8kgになったけど,その後は減る一方で,11月2日の時点で58.4kg(金具込み)。それだけ筋肉が落ちているかと思うとかなり憂鬱。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 4日

入院生活のつぶやき(デジカメ諸々他)

入院生活のつぶやき(デジカメ諸々他)
今日の夕飯。

妻は,普段の持ち歩き用にRICOH CX5を使っていたのだが,センサーにゴミが付いてしまったみたいで,明るいところを写すと,一部,薄い影が出るようになった(かつて,初代GR-DIGITALを手放すことになった唯一最大の理由。)。そのため,妻は新たにSONY RX100を購入したのだが,不要になったRICOH CX5を病室に差し入れてもらい(自分のLX5でも良かったけど,少しでも嵩張らない方が良いと思ったので…),食事やら,ベッドからの景色やら,果ては右足の治療の様子やら少しだけ撮影。このような撮影なら,センサーのゴミも余り目立たない。

そのRX100を少しだけ持たせてもらった。以前に店頭で触ったことはあったけど,本当に小さい。そして中身がずっしり詰まっている感じ。これでPANAのLX5より大きなセンサーを積んでいるとはとても思えない。レンズ胴鏡周りのコマンドダイヤルの回転具合も良好。結構期待出来そう。

そのSONYから,既に海外で発表されているNEX-6が国内でも発売されるとのメールが来ていた。leicaレンズ用にNEX-7と悩んでRICOH GXRを買ったという経緯もあるので,NEX-6に手を出すことはまずないとは思うけど,将来,SONYがフルサイズのミラーレス機を発売するようなことがあれば,十中八九「気絶」しそうで怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 3日

近況(文化の日)

今日は文化の日だけど,入院生活では平日も,休日・祭日もあまり違いは感じられない。

11月1日で病棟を移動(整形の病棟は一杯なので,暫定的に救急の病棟に移動。)。26日間お世話になった救命の看護師の方々ともお別れ。ちと寂しい。 3階から11階になり,眺めは良くなった。部屋から大阪城が見ることができ,夜はライトアップされた姿を楽しめる。夜も静かになり,割と良く寝られるようになった。

併せて,本格的なリハビリの前に,機械を使って膝関節を一定の角度まで動かすことも始まる。

11月に入って冷え込みがきつくなった。浴衣一枚では辛くなってきたので,妻に頼んでフリース製の半纏を差し入れてもらう。

こちらの病室では通信ができることが判明したので,これからは直接掲載する予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 2日

入院生活のつぶやき(自転車誌)

妻に差し入れてもらったCICLISSIMO第31号を読む。今のところfunride誌(定期購読中なので家には届いている。)やサイスポ誌(今月は買わなかった。)は読む気にはなれないが, CICLISSIMO誌は,一観客の気分で読むことができた。巻頭のGALLERIA SUNADAのアルベルト・コンタドールの両腕を広げたガッツポーズが無性に格好良かった。今年のブエルタの「あの」興奮を思い出すことができた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 1日

入院生活のつぶやき(アサヒカメラ)他

readerでの読書ばかりでは目が疲れるので,妻に頼んでアサヒカメラの先月号と今月号を買ってきて差し入れてもらってパラパラ。いずれもNIKON D600を大きく取り上げている。事故に遭う前に同機を入手したものの,食事くらいしか撮影できないまま入院生活を送ることになってしまった。早く退院して色々撮影したいという気持ちが抑えられない(右手が無事なことに感謝。)。
それにしても,気が付くと,アサヒカメラの後ろの方の中古カメラ屋の広告を丹念に見ている自分がいる。今後,暫くの間は自転車関係の出費(散財)が無くなることは確実だけと,その分,写真機関係の出費が増えそうでちと怖い。

なお, 今となってはこれを記す意味は余りないかもしれないけど,事故に遭った10月6日の午前中は,(仮称)蛙のカーミット弐世号のエンドの先端部分を少々ヤスリで削り,ピスト用のエンド引きがある程度収まるようにいじった。願わくば,再びこれに乗ることができる日が訪れんことを…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »