« 乗鞍遠征日 | トップページ | 昨日の反省点他 »

2012年7月 8日

第7回JBCF乗鞍スカイラインヒルクライム他

乗鞍スカイラインヒルクライム当日。

4:40に目覚ましで起床。外は雨。気が滅入る。中止の場合は6:00までに岐阜新聞のサイトで発表するということ。この分だと大会も中止ではないかと思い,岐阜新聞のサイトを確認するが,まだ告知はなかった。取り合えず朝食を済ませる。
P1020644
決行か中止か不明な状況下において,気合いが全然入らない状態で片づけ等々。5:45くらいに確認すると,開催予定との告知。ここから本格的な支度を始める。6:00過ぎにチェックアウト。外は霧雨っぽい雨。宿の中でちょっとだけ駐車場を移動し,そこで準備を進める。外は思っていたほど寒くはない。ローラー台を10分程度。その後,約1km程離れた受付まで移動し,荷物預けと出走前署名。時間がありそうでほとんどない状態。一旦車に戻って,片づけをして,参加賞のVAAMゼリーを補給し,またまた受付地点へ。観戦バスに乗る妻に車の鍵を預けて,トイレを済ませて,もう一度だけ宿付近まで下って上り返す。

出走地点に移動すると,既に大勢の選手が並んでいて,E3の最後尾付近になるが,その後からも大勢の選手が来て,最終的に中盤やや後方からの出走となる。

霧の中,E3は8:03に出走。序盤はまあまあだったが,平湯温泉方面への分岐からの激坂区間で一気に遅れる。傾度10%の坂なら36T×23Tで何とかなると思っていたけど,身体が鈍りすぎているのか全くギアが足りない。途中で何度も止まってしまいたくなる。分岐から先もなかなか調子が戻らない。一般クラスにどんどん抜かされる。雲の中を抜けると快晴の空。でも気持ちは萎えたまま。最後は,途中で抜いたE3の選手に抜き返されてしまいながらゴール。1時間30分20秒。暫定順位は100位/119人(完走)。栂池の時より走れなかった。ダメダメな結果だった。

ゴール後は妻と合流。荷物を受け取り,濡れた下着+ジャージを脱いで,新しい下着+冬生地長袖ジャージ(+ウィンドブレーカー)に着替える。下も,脚ウォーマー+冬用タイツ,指切り手袋の下にDURA手袋擬きという防寒体制を整える。SOYJOY+塩羊羹で燃料補給。当初の予定では11:00過ぎに下山開始とのことだったので,何をして時間を潰そうかと思っていたら,急遽予定が変更となってすぐに下山が始まる。第2陣で下る。最初のうちは身体が冷えて歯の根も合わない状態。そのうちに霧の区間に突入。霧のせいと,スポーツ眼鏡に付く細かい水滴のせいで極端に視界が悪い。下ハンドルでブレーキレバーを握りしめながら下り続ける。緊張感のせいか,不思議に寒さを感じなくなる。11:00過ぎには下山。番号板や計測チップを返却して車まで戻る。

片づけをして,着替えをして,車を移動させて,結果速報を確認して,昨日買ったメロンパンを食べながら妻の乗った観戦バスの帰りを待つ。妻と合流して12:00に撤収。

ラーメンでも食べて帰ろうかという話になり,奥飛騨ラーメンの看板に惹かれて走っていったら大鍾乳洞前に着いてしまう。観光地の食堂的な店構えに,あまり期待せずに入ったが,結構行ける味。自家製手打ち麺は伊達ではなかった。
P1020645
今日もGXRで撮影少々。

以前に観たことがある鍾乳洞には立ち寄らずに帰路に就く。飛騨清見ICから東海北陸自動車道に入る。帰路は下り貴重で省エネ走法に徹する。関SAでトイレ休憩+夕食の弁当等を買い物。

その後,妻と運転を交代。昼寝少々。名神に入り,草津PAまで走って最後の休憩。ここで鮒鮨を購入。運転を替わり,京滋バイパス~第二京阪経由で17:00過ぎに帰宅。

2度に分けて荷物を降ろす。洗濯機を動かした後,昨日のツール・ド・フランスを残り50kmから復習。ゴールまで見届けてから風呂に入る。19:30から大河ドラマを録画で観ながら夕飯。
「にじますの唐揚げ」
P1020646
「飛山濃水の食彩弁当-夏まつり-」
P1020648
「飛騨牛のおこわ」
P1020649

その後でツール・ド・フランスの生観戦を開始。

|

« 乗鞍遠征日 | トップページ | 昨日の反省点他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201/55151938

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回JBCF乗鞍スカイラインヒルクライム他:

« 乗鞍遠征日 | トップページ | 昨日の反省点他 »