« 今月の総走行距離他 | トップページ | 今月?号の自転車誌雑感(サイスポ誌編)他 »

2010年9月 1日

新生(仮称)円高様々号他

昨晩のブエルタ第4ステージ,ゴール前の激坂の争いは見応え十分だった。以前のチーム合宿の際に,別荘地内の激坂(おそらく二十数%くらい?)を走ることになったけど,39×25(もしかしたら27だったかも)で蛇行しなければ上られなかった。そのような劇坂を,あの勢いで走ってゆくとは,さすがプロ。国内のレースでもあれくらいの激坂を走らされるレースがあったら面白いのではないかと思った。

今日は,新たに生まれ変わった(仮称)円高様々号+手組みW/O車輪+28Cタイヤで荒川CR経由の自転車通勤。久々の固定ギアだったけど,脚を回すのを止めてしまう失敗は1回で済んだ。今日は距離を少し抑えて往路+約10km。復路+約20km。合計約3時間4分,約72.15km。体重59.4kg。体脂肪率11.5%

記念撮影。ついでにハンドルの角度を少し調整した。
Dsc00533s

ハンドル周りの状態。
Dsc00535s

備忘録代わりの(仮称)円高様々号の仕様メモ。ハンドルは,前橋の某T店オリジナルのHARP Shallow 26(幅44cm)。久々の非アナトミック形状。ステムは,(仮称)花鳥風月号に使っていたTNI sub100 90mm。ハンドルのリーチが長くなった分,ハンドルまでの距離は伸びたが,丁度良い感じになった。今回のハンドル回りは,ゲル付き綿テープ+セラックニス仕上げにしたが,ニスを塗ったらかなり固く仕上がってしまった。一応,バズキルを入れたが,ブラケット部分を持って走る分には余り気にならなかったものの,下ハンドルを持って走った時は振動で掌がしびれてしまった。未舗装路を走るときはやや不利かもしれない。なお,チェーンには,Finish Lineの金色のを塗布した。

|

« 今月の総走行距離他 | トップページ | 今月?号の自転車誌雑感(サイスポ誌編)他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201/49319390

この記事へのトラックバック一覧です: 新生(仮称)円高様々号他:

« 今月の総走行距離他 | トップページ | 今月?号の自転車誌雑感(サイスポ誌編)他 »