« 教訓:「説明書にはちゃんと目を通すこと。」他 | トップページ | 願い事叶い難し…他 »

2008年12月31日

ローラー台納め他

夕方から今年最後のローラー台50分。体重60.2kg。体脂肪率14.0%

午前中から(仮称)円高様々号の組み立て。やはりどうにかしてPCD130mmのクランクを使いたかったので,BBを交換することに。最初はSUPERBEテーパーの長目のもの(115mm)を入れてみた。SUPERBEテーパー+SHIMANOクランクの組み合わせだと深く入ってクランクの位置が内側になるので丁度良いかもしれないと思っていたが,内側に入り過ぎてクランクの根本が右ワンと干渉。ならばということで,余っていた110mm前後くらいの長さのもの(多分,昔,(仮称)燃料壱百号に使っていたTitan製のもの)をグリスを入れ直して取り付けてみたところ,内側のチェーンリングで何とか許容範囲のチェーンラインとなった。内側にSUPERBEPROの44Tチェーンリングを取り付け,外側には昔シクロクロスで使っていた樹脂製のチェーンリングガードを付けてみた(余り意味はない)。チェーンは1/2"x1/8"の新品を使用。半駒を使って長さ調整。ペダルは,街乗りの際に普通の靴で乗ることを考えて,取り敢えず大きめのPD-M737を装着。Fizikの衝撃吸収材を巻き込んで,Dedaのナチュラル色のバーテープを巻き付け,取り敢えず形になった(ちょっと太目になったのがやや気に入らないところ)。

ステム上にはEdge705用の台座を取り付け,チェーンステーにケイデンスセンサーを取り付けた。クランクとチェーンステーの隙間がほとんど無くて,クランクにケイデンスセンサー用の磁石を取り付けられず少々焦った。ペダル軸のところに,中身だけを取り出した速度センサー用磁石を取り付けることで何とかなった。ただ,磁力でペダル軸にひっついているだけの状態なので,もう少し確実な固定方法を考えないといけない。

サドル+ピラーを,ブルックスのスイフトTitan+DURAACEに替えて記念撮影。
Dscf0169s_2

Dscf0172s
前ブレーキとタイヤ(32C)の隙間。

Dscf0174s
後ブレーキとタイヤ(28C)の隙間。後輪を前の方に取り付けた状態なので隙間は少なめ。

この後で,街乗りピストの後輪に装着していた15Tと16Tの固定ギアを何とか取り外すことに成功したので,(仮称)円高様々号用後輪の18Tのシングルフリーの反対側に15Tの固定ギアを取り付け,その15Tの方で車体に取り付けた。チェーンリングもSUPERBEPROの42Tに交換。後輪の位置も少し後方になったのでブレーキシューの角度も調整。後輪とブレーキとの隙間も増えた。前後に似非フルガードの泥よけを装着して,今年の自転車いじりは終わり。是非試走したいところだったが,雨にて断念。

ローラー台の後は,紅白を見ながら我が家の大晦日恒例の鴨鍋+その残り汁を使った年越し蕎麦。

|

« 教訓:「説明書にはちゃんと目を通すこと。」他 | トップページ | 願い事叶い難し…他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201/43592971

この記事へのトラックバック一覧です: ローラー台納め他:

« 教訓:「説明書にはちゃんと目を通すこと。」他 | トップページ | 願い事叶い難し…他 »