« 雲南サイクルチャレンジ(シクロクロス)他 | トップページ | 図書館で借りてきた本他 »

2008年11月 3日

至福の下り(雲南サイクルチャレンジ2日目)他

今日の雲南サイクルチャレンジは,奥出雲の霊峰「鯛の巣山」へ登る全長7km(公称),標高差600mのMTBヒルクライム。かなりの急勾配で,押し担ぎは必須とのこと。個人的にはかなり楽しみにしていたイベント。

押し担ぎがあるとのことで,昨晩の時点では装備をどうするかかなり迷った。途中まではキャメルバッグを背負い,工具,替えチューブ,補給食,携帯電話,ウインドブレーカー等はキャメルバッグのポケット(但し,少量しか入らない。)とジャージの背中ポケットに入れていくつもりでキャメルバッグを洗ったりしてたけど,土壇場で余計な物は背負いたくないと思い,急遽,(仮称)煩悩退散号にボトルケージを取り付け,工具類はサドルバッグ,替えチューブ,携帯電話,補給食,ウインドブレーカー等はジャージの背中ポケットに入れて行くことにした。

今朝は6時に起床。朝食後,7時10分過ぎに家を出る。どれくらいで到着できるか分からなかったので余裕をもって出発したが,順調に流れて,8時30分くらいには会場に到着してしまった。またまた妻が不機嫌になる。あれこれ準備をして,受付を済ませ,なおも時間が余ったのでネジ類の増し締めもして時間を潰す。

08mobile_034

10時10分くらいに受付地点をスタート。ヒルクライムスタート地点の「やまめの里」まではゆっくりとサイクリング…のはずだったけど,上り基調のコース(途中で速度が出る長い下りもあったが。)を結構なペースで走ることになる。昨日の疲れが抜け切れていないみたいで,両脚が重い。「やまめの里」に到着後は小休止。サドル下にぶら下げていた熊避け鈴がほとんど機能していなかったので,コマンドシフターの付け根に移動させた。11時前に一斉スタートでMTBヒルクライムがスタート。

2008_11030012s

林道の砂利道区間に入って,ganジャージの人と2人になる。勾配がきつくなったところで,引き離されて1人になる(後で分かったけど,大阪のTニムラ所属のBR2の方だった。)。簡易舗装の林道の途中から早くも押しになる。やがてシングルトラック区間に入ったけど,体感的には6~7割くらいは押し。自転車がかなり重く感じられた。サドルバッグやボトルを積んでしまったことを後悔した。後からMIZUHOジャージの人が迫ってきていたけど,何とか逃げ切って2番目でゴール。公式時間は52分10秒だった。かなり消耗した。
Map081103_googles

お約束。
08mobile_027s

鯛の巣山の上からの眺めは格別だった。
08mobile_029s

全員が登り終えるのを待って,楽しい下りのスタート。今ではMTBではほとんど使われていないカンチブレーキを最大限効かせるため,(仮称)煩悩退散号の下ハンドルを握りしめた状態で急勾配の下りに突入。効かないブレーキで,前傾姿勢での急勾配の下りは,スリル満点。ブレーキで耐えられるぎりぎりのところまで飛ばしてしまった。一度飛びそうになるけど,何とか持ちこたえる。これがあるからMTBは止められない。久々にダウンヒルを堪能した。途中でチェーンが暴れてチェーンリングの外に落ちてしまった。前変速機を動かして何とか戻そうとした際に,無理をしてしまったみたいで,ワイヤー固定部がずれてアウターに入らなくなってしまった。砂利道区間に入ってからも少し飛ばしたけど,こちらはカーブの度に後タイヤが流れて少々怖かった。やがて勾配が緩くなり,至福の時も終わりを告げた。やまめの里に戻ってから,前変速機のワイヤーを固定し直した。

全員が戻ってからやまめの里で昼食。
08mobile_020

昼食後は,受付会場まで各自で走る。昼から晴れという天気予報だったのに,天気は曇りのまま,かえって気温が下がり,下りの間はウインドブレーカーを着ても寒くて大変だった。上り返しの区間(結構長い)に入り,ようやく身体が温まりホッとした。14時30分に受付地点に戻る。迷子になった人が出たりして,1時間くらいしてから表彰式。全員で記念撮影をして解散。

2008_11030207s

15時40分くらいに撤収。道の駅掛合に寄り,17時過ぎに帰宅。体重59.8kg。体脂肪率13.5%

Dscf0097s
2位の商品や参加賞(おたまはん)。「幸運なんです。」は,妻が欲しかった本だったので,妻はかなりご機嫌。

|

« 雲南サイクルチャレンジ(シクロクロス)他 | トップページ | 図書館で借りてきた本他 »

コメント

皆様,ありがとうございます。

>>つるさん
MTBのクロスカントリーのコースは,シクロクロスとは違って,100%乗車できることが基本なので,普段,MTBのレースで押すことはほとんどないです(以前は,自分の力不足で押しになってしまってましたが)。
私の場合,以前,自転車競技中心になる前は,MTBでの山サイばかりで,「担ぎ(押し)上げ→楽しい下り」が普通でしたので,「押し」には全く抵抗ありませんでした。

>>hakthaktさん
二日間にわたってお世話になりました。
昨日は本当に楽しい下りでした。久々にMTBの醍醐味を味わうことができました。
この楽しさを,もっと多くの人に知ってもらうことができれば,参加者も増えるのでしょうが,普段から走れるコースがなかなかないというのが,MTBの人気が下降傾向にある原因なのかなという気がしてなりません。
MTBから自転車にはまった自分としては残念なことです。
来年,この楽しいイベントへの参加者が少しでも増えてくれることを願ってます。

>>HYTさん
本当に楽しい1日でした。やはりトレイルは良いですね。

投稿: HIDE | 2008年11月 4日 23時36分

おめでとうございます。
やまめの里も、おたまはんもなかなか絶妙なイベントですね。

投稿: HYT | 2008年11月 4日 06時32分

今日は下りが楽しんで貰えたようでなによりでした。

大会としてはマニアックな部類なんですが、僕もかつお理事同様、この大会は好きなんです。

本当にお疲れさまでした!!

投稿: hakthakt | 2008年11月 3日 22時28分

2位おめでとう!
私はのは乗らないんで、よくわかりませんけど、押しというのが多いのはMTBらしいということでしょうかね。

投稿: つる | 2008年11月 3日 19時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201/42999154

この記事へのトラックバック一覧です: 至福の下り(雲南サイクルチャレンジ2日目)他:

« 雲南サイクルチャレンジ(シクロクロス)他 | トップページ | 図書館で借りてきた本他 »