« 安来観光の日他 | トップページ | 飯南ヒルクライムのレポート他 »

2008年8月 3日

車輪組み+丸岡のこと他

昨晩は,日記掲載後に,街乗りピストの車輪をチューブラ→W/Oに変更するための車輪組みに着手。チューブラタイヤでも,現状では大きな問題はないのだが,トラック競技用のリムであるため,ブレーキの当たり面がなくて制動にやや不安要素があることと,将来的なこと?を考え,某T店の夏季特売でリム(OPENSPORTS 36H)とスポーク(DTチャンピオン)を入手していたもの。先ずは前輪。今回は36Hということで初めての8本組み。当たり前のことだけど,32Hに比べて手間が増える。元々のスポークを丁寧に?ニップルを外しながら取り去ろうとしたため,余計に手間が掛かってしまった。ハブの汚れをパーツクリーナーで落とす。回転は問題ない状態。その後でスポークを通して組み始めたけど,片面を終えて,反対側に取りかかったところで時間切れ。

車輪組み作業の途中からクラシカ・サンセバスチャンを観戦。予想外?に早い展開だったみたいで,早めに終わってくれて助かった。A.バルベルデが鮮やかな勝利を飾ってくれて個人的には嬉しかったけど,これでますますステージレースには不向きと言われてしまうのではないかがやや不安。

今日は長距離をじっくり走るつもりだった。昨晩の時点から,熱中症対策で,POLAR大ボトル2本(新・旧→(仮称)花鳥風月号はホリゾンタルフレームのおかげで大ボトル2本が余裕で使える。),キャメルバック(1.5L)を用意。…けど,朝から仕事関係でバタバタしてしまい,結局,予定の半分くらいしか走れなかった(それも断続的に。)。遠くに行くことも出来ず,結局,近場?を(仮称)花鳥風月号+WH-7850-SL車輪でうろうろ。持参した飲み物も半分近く余ってしまった。計約2時間26分,計約60.7km。体重60.0kg。体脂肪率12.0%。原発坂を走ってみたが,今日は空も青く,海の色がとてもきれいだった。午後から写真撮影に来ても良いなと思うくらい。

…と思っていたが,帰宅してシャワーを浴びている間に曇ってしまい,雨まで降り出す始末。

その雨の間をぬって,妻とともにアジアンチャンプルーに出掛けて昼食。街乗りピストが乗れる状態ではないので,妻の折り畳み自転車を借りた。変速系がとても重くて動かすのに苦労。こちらも要整備。
今日の昼食他

その後で,カラコロ工房まで足を伸ばし,ソフトクリームを食す。日本でも数少ない自然放牧の牛乳を使っているとのこと。一口目から濃厚な味が感じられた。
200808031327000

夕方から,街乗りピスト前輪の車輪組み作業を再開。何とか組み上げた。いつも思うのだけど,最初は,ポテトチップスのように振れていて,とても走れるようなものでないものが,根気良く作業を続けるうちに形になってしまうのが不思議である。パンク対策で,リムテープを二重に巻いた(1つは中古)。本当は25~26Cくらいの太目のタイヤを履かせたいところだけど,もともとトラックレーサーのフレームなので,フォークに余裕がないので,Panaracer EXTREME VALIANT EVO2 23C(古い方)を使った。更なるパンク対策として,チューブに,パンク防止剤を入れておいた。
引き続き後輪の車輪組みに着手。今回は,手間を省くため,古いスポークはペンチで切断して取り外した。汚れまくっているハブをパーツクリーナーで洗浄。回転はスムーズだけど,ややグリスが少ない感じだったので,充填。夕食後,スポークを通し,先ずは片側を組み付けた。

残念なことに,本日開催された福井県丸岡の古城グリーンロードレースのBR3で死亡事故があった模様(亡くなられた方の御冥福をお祈りします。)。BR2,3はゴールしたものの,BR1は途中で中止となり,一般クラスは出走自体も取り止めとなったとのこと。このレースは,日本でも数少ない公道を使ったレース。何度か参加したことはあるし,また機会があれば走ってみたいと思っていた。昨年も,落車事故でけが人が出たと(大したことではないのに)大々的に全国ニュースで報道されてしまったのに,このような事故があったとなると,大会中止の圧力が高まるのではないかととても不安になる。主催者の方々には,圧力には屈せずに頑張って欲しいところだが…。

|

« 安来観光の日他 | トップページ | 飯南ヒルクライムのレポート他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201/42047633

この記事へのトラックバック一覧です: 車輪組み+丸岡のこと他:

« 安来観光の日他 | トップページ | 飯南ヒルクライムのレポート他 »