« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日

松江〜熊本列車の旅?他

所用のため熊本まで列車で移動(山陰本線経由)。休養日(駅まで街乗りピストに乗っただけ)。6時15分に松江を出て,12時51分に熊本駅着。

200805310617001
今日の朝飯。松江駅前コンビニで購入(朝が早すぎて,駅弁を買うことができなかった。)。

松江〜熊本列車の旅?他
今日の昼飯。新山口駅で買ったふぐ寿司と,博多駅で買った鯛の味噌寿司。
どちらも美味かったので,満足。

昨晩はジロ・デ・イタリア第19ステージを観戦。D.ディルーカが魅せてくれた。
A.コンタドールは一時に比べて調子を落としているのか。2位との差が4秒差とは,残りの2ステージの展開が楽しみ。残念なのは,今日は生中継で観戦できないこと(涙)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月30日

路面の↑他

今週に入ってからの(仮称)佐太神社朝練の際,県道264号線等で,路面の端に白色の矢印が書かれているのに気づいた。5月25日に開催された「えびす・だいこく100kmマラソン」の時のものらしい。やはり横手林道は土砂崩れのために使えなかった模様(とてもすぐに復旧できるような状態ではなかった。)。それにしても矢印自体はかなり大きい。見た感じで,出雲路ワンデイランや石見グランフォンドのものの2~3倍の大きさで,しかも結構濃く描かれている。今年の石見グランフォンドでは,路面の矢印の表示や案内用の幟立てに当たってかなりの制約があったとのこと。昨年の出雲路ワンデイランでも結構迷った人がいたようだけど,あれくらい大きな矢印で,はっきりと描かれていれば,たとえ雨の中でも見落とすことは少ないように思われた。秋の出雲路センチュリーライドの時には,道路管理者?側の理解が得られると良いのだが。

昨晩もジロ・デ・イタリア観戦。

今朝は,ステムを交換した(仮称)呂台専用号+手組みXR-300車輪で(仮称)佐太神社朝練。約56分,約27.4km。体重62.0kg。体脂肪率16.5%。鈍感かつ違いの分からない男なのでステム交換→ハンドルを15mm遠くしたことの印象についてはうまく説明できないが(ポジションが違う(仮称)呂台専用号と(仮称)厄除祈願号も同じような感覚で乗っていたし。),気持ち上半身が楽になったような感触。

R0017044s
連休の間に佐太神社に行ったときに自分用に買ったお土産。ピルスナータイプ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月29日

ステム交換他

昨晩の時点で,今朝は朝のうち雨が残るとの予報だったので,(仮称)呂台専用号をローラー台に設置した。そしてジロ・デ・イタリア第17ステージをテレビ観戦。ゴール直後に消灯して就寝。

今朝は,起床の時点で雨が上がっていたので,急遽,泥よけ付きの(仮称)厄除祈願号に心拍計を付けて,手組みCXP30車輪を履かせて(仮称)佐太神社朝練短縮版。約53分,約25.3km。体重62.6kg。体脂肪率16.0%

仕事から帰宅後,倉庫内を漁って,ステムを物色。110mmという表示のBAZOOKAのステムを見つける。実測は105mmで丁度良い感じ。重量144g。これまで使っていたTNI sub100 90mmが101gなので,43gの重量化。クランプ部分のボルト4本を,TNIのステムに使われているTitan製のと入れ替えて138g,ステム交換に伴い不要になった10mmスペーサー5gを差し引きし,最終的に32gの重量化。なお,前ブレーキのアウターの長さが少し足りなくなったので,Nokon擬きのビーズ1個を追加した。ステムの角度が格好良くないけど,そこは我慢。

ホームページに県選手権のレポートを掲載した。

姫逃池の杜若
R0017036s
GR Digital/28mm '08.05.25

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月28日

ポジション確認他

昨晩はジロ・デ・イタリアも休養日だったので,早めに就寝(23時)。今朝は早めに起床し,5時45分発で,(仮称)呂台専用号+手組みXR-300車輪の(仮称)北山広域農道朝練。市境を超えたところまで足を伸ばしてみた。約1時間14分,約33.3km。体重62.6kg。体脂肪率16.0%

(仮称)呂台専用号のポジション,具体的にはサドルの前後位置が少々気になったので,もう一度見直すことにした。一番乗り慣れているシクロクロスバイク(仮称)厄除祈願号と並べて,サドル先端から錘付きの糸をぶら下げてみたところ,5mm程後だったので,少しだけ前進させた。次に改めてサドル先端~ハンドル中心の位置を図ったところ,(仮称)呂台専用号は(仮称)厄除祈願号に比べて約2cm短かった。ステム交換を真剣に考えた方が良いのかもしれない。

R0017047s_2
大山土産(ヴァイツェン)。賞味期限まであと数日を残すのみだった。危ない危ない…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月27日

さらば,匠味よ…他

08mobile_047
モスバーガーの「匠味(たくみ)バーガー」が,メニューから姿を消してしまった。肉汁たっぷりで,ジューシーなところがとても気に入っていたのに,残念。画像のとおり,見た目はとても地味。なのに普通のハンバーガーの倍近い値段がネックになって売れなかったのだろうか。

昨晩のジロ・デ・イタリア第16ステージはとても見応えのある山岳個人TTだった。お世辞にも綺麗とは言えないダンシングで我武者羅に上るE.セッラの走りは凄まじささえ感じられた。それを上回る時間で優勝したF.ペッリツォッティの走っている最中の映像がほとんどなかったのは残念。日本でもあんなヒルクライム大会があると面白いのに…。

そのジロを観戦しながら,自転車いじりを少々。(仮称)呂台専用号からは,本番用のWH-7850-SL車輪を外し,手組みXR-300車輪をつけた。WH-7850-SLの後タイヤの空気が減っていた。ぺしゃんこになる程ではなく,数日経ったラテックスチューブ程度の減り?だったけど,少々気になった。また,手組みOPENPRO車輪には,先日までWH-7850-SL車輪につけていたPanaracer EXTREME VALIANT EVO2を付けた。なお,OPENPRO車輪の74DURAハブは,隙間からグリスが派手に流れ出ていた。やはりこういった箇所には,ミシュランのサラサラグリスは不向きみたい。先日入手した74DURA用玉押しと交換する際にグリスも入れ替える予定。

昨日のうちに,6月22日の実業団西日本サイクルロードレース大会の参加費送金手続きを取った。なお,当初考えていた6月8日のひるぜんサイクルMTB大会は結局不参加にした。

今朝は(仮称)呂台専用号+手組みXR-300車輪で(仮称)佐太神社朝練。信号に捕まる回数が少なかったおかげ+強い向かい風が少なかったおかげで,終盤,クールダウンに入るまで平均時速30km/hという速さ(自分にしては)を維持できた。ただ,頑張り過ぎたせいか,終盤,右膝に痛み寸前の違和感があった。約55分,約27.7km。体重62.8kg。体脂肪率16.0%。今週末は所要で自転車に乗れそうにないので,平日の間に,朝練(及び夕練)でこつこつと乗り込んでおきたいところだが,明日昼から天気が悪そう…。

帰宅の際に,DPE店に立ち寄ってリバーサルフィルムを現像に出した。

県選手権の平坦区間,下ハンドルを握って踏み続けていたら,終盤,腰に来てしまった。そこで,先日,ポジションをいじった(仮称)呂台専用号を元に戻すことにし,帰宅後にコラムのスペーサーを入れ替えて10mm高い位置に戻した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月26日

昨日の結果他

島根県自転車競技連盟情報サイトに昨日の結果が掲載されていた。先頭から11分16秒遅れ。予想どおりというか何というか。

昨晩はジロ・デ・イタリア第15ステージの観戦。昨日は起床時間が早かったので,途中で堕ちてしまうかもしれないと思ったけど,主要選手のゴールまですっきりした状態で見届けることができた。今日の山岳TTは絶対に目が離せない。

休養日。昨日,パンク修理をしたチューブレスタイヤは今朝の時点でも空気が抜けていなかった。

先週末の時点で,前橋の某T店の夏季セールの案内が届いていた。「大物」?の購入定はないが,細々したものは発注する予定。

08mobile_015
期間限定ホワイトエール。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月25日

第41回島根県自転車競技選手権大会他

4時10分に起床。ゼリー飲料(朝バナナ)+濃い目溶きCCDドリンクを補給。昨日の時点で,サプリメント類を家に忘れてきてしまったことに気付いていたが,今朝になって,HRM本体も忘れてきてしまったことに気付いた…orz。

5時くらいに宿を出て,5時過ぎに会場入り。外は霧雨状態。身支度を調えて,ローラー台を20分くらい。かなり暑くなった。レースは6時スタート。10分前に招集がかかった。出雲工の高校生高も一緒に走るみたい。
2008_05250006s
ゼッケン順で最後尾のスタート。1周目の東の原への登りで遅れ,最後尾。北の原を過ぎたところで前のS大生2人に追いつき,昨日の予想どおり下りで離された。西の原手前で追いつき,前を引いたが,2周目の東の原手前の下りで離され,またまた最後尾。北の原を過ぎたところですぐ前の1人に追いつくも,やはり下りで引き離されてしまった。このまま最後尾で終わりか…と思ったが,最後の東の原の登りで力尽きたS大生1人を捕らえることができた。またまたブービー賞。足切りになるかと思っていたが,何とか完走できた(させてもらった?)。

ゴール後,自転車を車に積み込む前に前後車輪のリムを掃除中,前タイヤに針金らしきものが刺さっているのに気付いた。思わず引っこ抜いてしまったところ,空気が抜ける音。早速パンクさせてしまったみたい。深くは刺さっていなかったので,刺さったのはレース終盤ではないかと推察。後になって,穴の位置をはっきりさせるために針金はそのままにしておけば良かったと後悔。
 
ずぶ濡れ状態で宿に戻り,温泉に直行。40kmのレースだと油断していたら,またまたサドル擦れになってしまった。よくよく思い返してみると,浜松時代に参戦した静岡県民スポーツ大会の時も,雨の中のレース後,サドル擦れになった。今後,雨のロードレースではレーパンのパッドにクリームを塗るのを忘れないようにしないといけない(MTBやシクロクロスでは多分大丈夫?)。

朝食を済ませ,9時過ぎにチェックアウト。宿周辺はレースの時より霧が濃くなっている。妻が,北の原の姫逃池の杜若を見たがっていたので,一応,立ち寄ってみたところ,北の原に近づくにつれて明るくなり,霧も晴れた。NikonF3+AF Nikkor60mm,f2.8+RVP100,GR-Digitalで撮影。撮影中に,またまた霧が出て,幻想的な雰囲気になった(霧雨で濡れてしまったけど。)。

11時に撤収。来た道を引き返す。9号線にぶつかったところで,出雲市方面に向かい,道の駅湯の川で昼食。
08mobile_055
限定メニューの穴子寿司。

08mobile_054
いつもの?出西生姜カレー。

そのまま13時過ぎに帰宅。まずは(仮称)呂台専用号のシートピラーを抜いて逆さにする。少量の水が出てきた。針金が刺さっていたWH-7850-SL前輪は,やはり帰宅の時点でぺしゃんこになっていた。穴の位置が分からないので,空気を入れ直してから,洗面器に張った水に入れて空気漏れの場所を探した。取り敢えずマジックペンで印を付けた。

パソコンのメールをチェックした後,お茶を飲みながら昨日のジロ・デ・イタリア第14ステージの終盤を録画で観戦。この先がますます面白くなってきた。

そのジロ・デ・イタリアを観戦しながら,穴の開いたチューブレスタイヤの修理。IRCのものなので,裏側にパッチを張れば良い。問題はタイヤをリムから外すこと。最初は,説明書を良く読まずに,ビードを両方とも落としてしまって失敗。もう一度ビードを上げようと空気を入れたが,隙間から空気が漏れるだけでなかなかビードが上がらない。リムの隙間に水をかけて,ようやく空気を入れることができた。次は慎重に作業したが,ここまでの作業で握力が弱まってしまったので,少しだけ禁断の?タイヤレバーを使ってしまった。印を付けておいた場所のタイヤ裏側に,接着剤を塗り,薄めのパッドを貼り付けた。前タイヤ装着時の空気漏れには2度も悩まされたので,3度目は,タイヤに附属していた潤滑液をたっぷり塗って装着したところ,今度は一発で空気を入れることができた。やれやれ…。念のため,再び水を張った洗面器に印の場所を入れてみたけど,空気漏れはなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月24日

県選手権前日他

昨晩はジロ・デ・イタリア第13ステージを観戦。至るところで書かれているけど,ゴール前のM.カベンディッシュの速さは格別だった。

晴れていたら軽くコースを試走するところだけど,雨なので,(仮称)呂台専用号をローラー台に設置し,軽くローラー台を回しておくことに。48分。体重62.2kg。体脂肪率15.0%

昼すぎに,明日の県選手権のための遠征に出る。松江市内のモスバーガーで昼食を済ませた後,国道9号線→国道54号線→県道40号線で三瓶へ。途中で,明日のレース前用のゼリー飲料を冷蔵庫の中に失念してきたことに気付いたので,道の駅桜の里きすきに寄り,併設されたコンビニで購入。三瓶到着後は,三瓶山の周回コースを車で走って下見。昨年の石見ライド,今年の石見グランフォンドで東半分は走っているが,残りは不知。北の原からはヘアピンカーブの下りが数カ所。下りが苦手なので,ここで一気に遅れそうな予感。西の原付近からしばらくは平坦。やはり勝負所は東の原に至る10%の登りみたい。

15時30分くらいに本日の宿にチェックイン。温泉に浸かる。17時30分から監督会議という予定になっていたので,会場に顔を出したけど,特に会議的なものは何もなかった。

雨はずっと降ったまま。明日も雨みたい。念のため,チェーンに注油しておくことにした。車に積んだままの(仮称)呂台専用号のチェーンに,メンテルーブを少しずつ垂らす。その作業中に,プレートが変形している駒を発見(この前のチェーン切れの時の変形かどうかは不明。)。もう少しでピンが抜けそうになっていた。危ないところだった。工具箱の中から,予備の駒を見つけ出し,変形した前後の駒と入れ替えた。普段は,横着?して,コネクトピンを使わず,昔ながらの方法?でチェーンを繋ぐことが多いけど,9S用の薄い?チェーンでもあり,変形を見つけたばかりでもあったので,大人しく,繋ぎ直した2ヶ所ともコネクトピンを使った。

18時45分から夕食。
08mobile_045
食前酒(山ぶどう酒),先付(よもぎ豆腐),前菜(山陰酒菜盛り合わせ),強肴(春野菜の摘草鍋)

08mobile_044
造り(日本海の恵み盛り合わせ)

08mobile_043
蓋物(新じゃが饅頭うすい餡掛け),酢物(春貝の割酢ゼリー掛け)

08mobile_042
焼物(長芋田楽,鰆蕗味噌焼き,筍姿焼き)

08mobile_041
揚物(地鶏玄米揚げ)

08mobile_040
御飯(白魚の香り御飯),留椀(浅蜊の清汁仕立て),香物(三種盛り),デザート(マンゴープリン)

大いに満足できた食事だった。

その後は,アクエリアス1Lを飲み,明日の支度(右親指のテーピング等)をして,21時過ぎに就寝。

心残りは,ジロ・デ・イタリア最初の山場ステージの生中継を見られないことか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月23日

週末に間に合ったもの,間に合わなかったもの他

昨晩もジロ・デ・イタリア第12ステージの観戦。D.ベンナーティと,M.カベンディッシュの競りは見ものだった(ゴールラインがあと数cm先だったら…。)。前日より早く終わったが,就寝してしばらくした後,なぜか目がさえて眠れなくなってしまった。結局,朝は起きられず,休養日。

HサイクルからIRCのチューブレスタイヤFormula-PRO HCが入荷したとの連絡があり,仕事帰りに寄って入手(お金をおろすのを忘れていて,財布のお金が空っぽになってしまった。)。279g289g。帰宅後,早速到着。嵌めにくいという噂だったので,苦戦を覚悟していたが,思っていたよりは早く済んだ。初めてMTB用チューブレスタイヤを取り付けた時に比べれば,遙かに楽だった。ただ,前輪の方は,空気を入れても,最初のうちは隙間からの漏れが続出し,なかなか空気を充填することができず,そちらの方が大変だった(後輪の方は一発で空気を入れることができた)。

せっかくなので,これらの作業が済んだ後,19時過ぎから(仮称)呂台専用号+WH-7850-SL車輪で走りに出た。この前チェーンが切れた時は,日没後に急激に気温が下がって苦労したので,半袖ジャージ+腕ウォーマーを着用していったけど,そこまでの必要はなかったかもしれない。WH-7850-SL車輪の真価を発揮するチューブレスタイヤの(あまり当てにならない)印象を言うと,重量的に若干軽くなったせいもあるのかもしれないが(Panaracer EXTREME VALIANT EVO2 23C+R-air32mmで257g+65g246g+66gなので,計算上は,前後で66gの軽量化→但し,ここからさらにチューブレス用バルブの重量分を差し引かないといけない。),これまでのチューブドタイヤの時より走りがとても軽く感じられた。結構気に入った。(仮称)佐太神社練超短縮版を走って帰宅。約45分,約20.9km。体重62.2kg。体脂肪率15.0%

チューブレスタイヤは間に合ったけど,右親指は未だ痛みが残っている状態。日曜日はテーピングを忘れないようにしないと…。

0804mobile_062
今年の株主限定麦酒。

ホームページに,石見グランフォンド初日分のレポートの掲載を済ませた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月22日

とことん石の森章太郎他

NHK BSの連続放送を録画し,鑑賞中(でも,まだ半分にも達していない。)。
子供のころ,ずっと見ていたのに(但し,途中から。),最終回を見逃し結末が気になっていた「怪傑ズバット」の最終回を見る事が出来て,30年来のもやもやした気持ちが晴れたのは良かった。

昨晩は25時近くまでジロ・デ・イタリア第11ステージを観戦。何度も瞼が落ちかけていた。とても朝練のために起きられそうになかったので,アラームを解除して就寝(なお,睡魔と戦いながら録画時間を30分延長したつもりでいて,集団のゴールを確認した後で就寝したが,実際には20分しか延長されておらず,表彰式の途中で切れてしまっていた。)。

今日は飲み会。夕方からの練習もできず,休養日。

サイスポ誌が届いた。

昨日の日記で書いたIRCチューブレスタイヤのコンパウンドは,いろいろ調べた上,無難に?ハードを選ぶことにした。

20080415_f_ftn_00007s
NikonF photomic FTn/AF Nikkor 180mm,f2.8 '08.04.15

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月21日

ショック!!他

妻から指摘されたが,スカパー!のスペイン国営放送(TVE)が,3月末で終わってしまっていたらしい…。ブエルタ・ア・エスパーニャでの,ゴール前での,あの弾丸アナウンスが聞けなくなるとは…(涙)。

昨晩はジロ・デ・イタリア第10ステージ個人TTの観戦。最後の石畳の最大14%の上りは見物だった。日本でもああいった石畳区間を走るレースなんかがあると面白いんだけどなぁ。

そのジロの観戦で就寝が遅くなったが,今朝は頑張って起きて,(仮称)呂台専用号+WH-7850-SL車輪で(仮称)佐太神社朝練短縮版。昨日より気温が低く感じられたので,上はウインドブレーカー,下は脚ウォーマー,指付き手袋を着用した。序盤,調子に乗って飛ばしていたら(単に追い風だったみたい),中盤以降,急にタレてしまった。週末の県選手権も結果が思いやられそう。右親指はまだ痛みがあり,ボトルの水を飲む際に強く押し込むのに難渋している状態。週末までの完治は微妙か。約54分,約25.3km。体重62.0kg。体脂肪率17.0%

石見グランフォンドのレポートを執筆中。ようやく初日の終わりが見えてきた。週末までに初日分だけでも掲載できるかどうか。

全国的に自転車屋は休みの日のはずだったが,IRCのチューブレスタイヤを注文中のHサイクルから我が家の留守電に伝言が記録されていた。コンパウンドを選んで欲しいということだった。ハードとソフトの2種類があったことに気付かないまま注文してしまっていたみたい。さて,明日朝一番で電話するとして,週末に間に合うかどうか(こればっかり?)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日

気になる鉄フレーム(其の参)他

昨日の日記の続き。パイプのサイズのことが気になったので,(仮称)厄除祈願号と(仮称)腰痛対策号のパイプの径を調べてみた。どちらも,トップチューブが28.6mm(0.7-0.5),ダウンチューブが28.6mm(0.8-0.5)で,上パイプのみオーバーサイズというものだった(どちらもカイセイ019という話だったような…。)。
よくよく調べたら,POSのFRC01は,上下ともオーバーサイズで,ダウンチューブは31.8mmだった。アルミやカーボンの自転車に比べると細いので気がつかなかったが,ダウンチューブは我が家のシクロクロスバイクより太かったみたい。

今朝は,(仮称)厄除祈願号+手組みCXP30車輪で(仮称)佐太神社朝練(と言っても,佐太神社前の工事がまだ続いているので,最近は県道37号線を迂回路にして神社前は通らないようにしている。)。薄手長袖下着+夏生地長袖ジャージにベスト型ウインドブレーカー,膝丈ビブショーツでちょうど良いくらいだった。約57分,約25km。体重62.8kg。体脂肪率16.0%

昨日は,あったはずのSHIMANO純正の39Tが見つからず,(仮称)呂台専用号の外チェーンリングだけ交換したが,朝練をしながら,39Tは(仮称)腰痛対策号に取り付けたままなのを思い出した。なので,夕食後,(仮称)腰痛対策号から39Tのチェーンリングを外し,(仮称)呂台専用号に移植。よくよく見たら,TAの39T内チェーンリングの方はそれほど摩耗していないみたいだった。

昨日届いたfunride誌では,SHIMANOの新チューブレス車輪(WH-7850-C24-TL)が紹介されていた。WH-7850-SLより軽いんだろうな~。

国賀海岸
200708_rollei35_00083s
Rollei35/40mm Tessar,f3.5  '07.08.24

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月19日

気になる鉄フレーム(其の弐)他

昨晩,ジロ・デ・イタリア第9ステージの生中継を見ながら(聞きながら),(仮称)呂台専用号をいじった。昨日走っていて,時折チェーンが何かに引っかかるような感触があったのが気になったため。一旦クランクを外してBBの様子を見る。FINISHLINEのグリスの抵抗感がやや強く感じられたので,メンテルーブを数滴たらして粘度を下げてみた。あとはクランクを仮止めしたりしながらガタの調整。よくよく見てみると,TAのチェーンリングが外も内も結構磨耗しているように見えなくもない。純正のチェーンリングに戻した方が良いのかもしれない。

落車続きという印象が強い今年のジロ・デ・イタリア,第9ステージのゴール前のごちゃごちゃしたスプリントもハラハラドキドキ観戦していた。幸い,落車はなくてホッとした。

今日は休養日。funride誌が届いた。

夜は(仮称)呂台専用号の外チェーンリングを,SHIMANO純正の52Tに交換した。内チェーンリングはないのでそのまま。

今日はジロ・デ・イタリアの休養日。外は大雨だけど,明日の朝,晴れていたら走りに行こうと思い,(仮称)厄除祈願号に似非フルガード泥よけを取り付けた(本当は(仮称)呂台専用号に乗りたいところだけど,泥よけを取り付けられないので…。)。

で,表題の件。妄想するだけなら自由ということで…。

パナのPOSのホームページ上は,意中のFRC01(旧FCC19)だと,スレッド式しかないことになっているのがやや難点(だった)。
「見た目的に,クロモリのフレームに太いアヘッドステムなんて…。」なんて声があるのは承知しているけど,一度アヘッド式を使ってしまうと,「今更スレッド式なんて…。」というのが正直なところ。
一番は重量問題。「鉄フレームを選んで軽量化などとは片腹痛し。」という声も聞こえてきそうだけど,だからこそ少しでも軽くしたいのは自転車乗りの性。
次は工具の問題。オフロードを走るMTBではないので,しっかりとしたヘッドパーツを使って,きちんと整備していれば,調整が必要になることはほとんどないと思う(現に,スレッド式の街乗りピストではヘッドパーツの再調整が必要になったことはほとんどない。)。でも,長距離を走る時などは保険としての調整用の工具は欲しい(この前も練習中に(仮称)呂台専用号のヘッドパーツを調整したし。)。この点,六角レンチ1本(又は2本)で済むアヘッド式は非常に楽。嵩張るヘッドスパナを持ち歩くのは勘弁したい。
見た目「も」大事なのは承知しているけど,ここは実利を取りたい。
なお,我が家の鉄フレーム4台中,街乗りピストを除いたシクロクロスバイク(仮称)腰痛対策号,同(仮称)厄除祈願号,山サイ用MTB(仮称)煩悩退散号はいずれもアヘッド式だが,個人的にはそれほど違和感はない。もっとも,この点については,シクロクロスバイク2台ともオーバーサイズのヘッドチューブで,横から見たときに幅のあるカーボンフォークが使われていること,ノーマルサイズのMTBは,太いサスペンションフォークを付けているのが理由かもしれない。
なんて書いているうちに,パナPOSのホームページ上のフルオーダーの頁が復活していた。上下パイプの組み合わせだけで14通り,mm単位のオーダーも可能等々。自分ごときレベルの人間にはとても生かし切れないような項目ばかり。
またしばらく妄想に苛まれそう…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月18日

たまには内陸も…他

昨晩は,ジロ・デ・イタリア第8ステージを観戦しながら,石見グランフォンドで酷使した(仮称)厄除祈願号のチェーン(connex8速用)の洗浄。取り外し自由自在のリンク部で外し,灯油と一緒にペットボトル内に入れてシェイク。取り出してから更にパーツクリーナーで洗浄。概ねきれいになったところで,チェーン油の注油。何を使うか+話題のシーリンググリスを使うかどうか迷ったけど,結局,FINISHLINEの乾燥式のものを使った。

ジロ・デ・イタリアは,ゴール前,後方からのディルーカの強烈なアタックに一人興奮(結果的に勝てなかったけど…。)。

今朝は6時15分に起床,7時過ぎ出発。今日も(仮称)呂台専用号+WH-7850-SL車輪。昨日の反省から,半袖下着を着用(他は昨日と同じ。)。朝のうちは少々寒かったけど,今日は昨日より気温が上がったこともあり,丁度良かった。脚の疲れが残っている感じだったので,あまり凸凹のないコースにしようと思い,日本海側でなく内陸部を目指すことに。最初は玉造温泉まで走り,昨年の出雲路ワンデイランのコースを辿ることにした(この時点では出雲路ワンデイランのコースを使って国道432号線まで出て,そのまま奥出雲方面を目指そうと考えていた。)。が,農道を走り始めてすぐに空気入れを忘れたことに気付いた。悪いことに,今日は気温が上がるということで,ボトル2本体制(硬水+CCDドリンク,硬水+クエン酸)にするため,工具類をボトル型工具入れ→サドルバッグ小に移し替えたのだが,容量が小さくなった関係で,工具入れには入れていたCO2ボンベも置いてきてしまった。万が一パンクして,妻にSOSの電話をかけるような羽目になったら後が大変なので,結局,県道24号線等を使って一旦家に帰ることにした。すっかり気分が盛り下がってしまったけど,気を取り直して再出発。県道24号線から,朝の続きで農道に入る。やはり脚が重いので,県道53号線にぶつかった後,熊野大社方面へ向かうことにした(まだ走ったことがない道だったのでどんな道なのかという楽しみもあった。)。しばらくは淡々とした登り勾配の道。最後は九十九折りの登りになって雲南市へ。少し探索をした後,県道53号線から離れて大仁広域農道を奥出雲方面に向かう。結局,凸凹が続く道になった(海岸線よりはましか?)。400m級の登り(と言っても高低差はそれ程ない。)を経て,県道45号線にぶつかったところで気力が尽きて帰路につくこととし,広瀬方面に向かった。安来市に入ってからはしばらくの間ずっと下り基調。気持ちよく飛ばせた。ここは逆向きに走れば淡々とした登りが続いて良い?かもしれない。国道432号線と合流した後,しばらくは出雲路ワンデイランのコースを辿る。疲れが出ていたので,県道180号線をそのまま北上して国道9号線を走って帰ろうかと思ったが,やはり交通量の多い道は避けるのが無難と思い,出雲東部広域農道をずっと西進。県道53号線~国道432号線を使って帰宅。約4時間55分,約115.1km,累積高度1553m。体重62.2kg。体脂肪率14.5%。今日は羊羹6本を補給。ボトル2本の中身もほとんど飲み尽くしていた。

Map080518s

昼食後,車で大東町まで行き,日本の棚田百選に選ばれた山王寺の棚田を見に行った。その後は須賀神社に参拝。NikonF3+AF Nikkor35mm,f2.0で諸々撮影。

夕方のNHKニュースで,ツアー・オブ・ジャパンのことをやっていた。ちょっとした進歩か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月17日

今日の昼飯他

近所のうどん屋「いしはら」にて,ぶっかけうどん(冷)+ピリ辛うどん。コシがあって美味かった。
今日の昼飯

今日の昼飯

昨日のジロ・デ・イタリア第7ステージは,総合を巡る熱い戦いで目が離せない展開だった(と言いつつ,バーテープを巻いていたけど。)。途中で,D.ディルーカがとても苦しそうな表情をしていたのを見たときは,とてもだめかもしれないと思ったが,そこを堪えて,ゴール前のスプリントに繋げたのはさすが。

今朝は6時に目覚め,6時30分に離床。(仮称)呂台専用号+WH-7850-SL車輪で7時20分に出発。今日は薄手長袖下着+夏生地長袖ジャージ,膝丈ビブショーツ。気温も上がり,長袖下着では少々暑かった。今日も,美保関灯台~日本海側のルート。平坦区間を終えて日本海側へ抜ける山越え区間に入った途端に,脚が重くなった。今週1週間ほとんど走らなかったつけか,それとも1週間前の疲れがまだ残っているのか,いずれにしても来週末のレースが思いやられる。突き指中の右手親指での変速には苦労した。コマンドシフターでは,変速の際に使うのはほぼ99%親指。テーピングで固めておけば良かったと後悔した(ちなみに,”サム”シフターの場合,名前ほど親指は使わない。)。落車の際にぶつけた右膝も少し痛んだため,あまり無理しないように心掛けた。恵曇まで戻ってきてから,もう少し足を伸ばすことにして,横手林道を西進。途中,「この先,土砂崩れ,通行止め」の看板を見つけたが,自転車くらい通れるのではないかと思い,様子を伺いながら進んだ。そうしたところ,六坊の少し手前で,斜面が崩れて道路が完全に埋まってしまっていた。諦めて引き返しかけたところで,作業をしていた人達が声を掛けてくれて,結局,注意しながら土砂(というより岩)の上を自転車を担ぎながら超えることができた。結局,六坊の先まで行き,県道266号線~北山広域農道を通って帰宅。約4時間46分,約114.8km,累積高度1500m。体重62.2kg。体脂肪率15.5%。羊羹2個+2本を補給。新POLARボトル大の飲料(硬水+CCDドリンク)を丸々飲みきってしまった。

妻の買い物用自転車の二脚式のスタンド基部の固定が緩くなっているという指摘を受けたので,昼食後に直した。

昼過ぎから,PPVで,「劇場版 秘密結社 鷹の爪 THE MOVIE ~総統は二度死ぬ~」を見る。爆笑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月16日

県選手権ロード申込み他

由志園にて。
R0016908s
GR Digital/28mm '08.05.05

昨日は日付が変わる前に就寝できたが,結局,今朝も眠さに負けて朝練は休んだ。突き指のせいで,右親指の付け根がかなり太くなっている。当面,変速に苦労しそう。

惨敗に終わりそうだけど,5月25日の県自転車競技選手権(ロード)の送金+メールでの申し込みをした(出走できるかどうかまだ微妙だけど。)。

(仮称)呂台専用号のバーテープの一部が破れてしまったので,昼休みに近所のHサイクルに行き,黄色のバーテープを購入。今回はSILVAの皺付きのものを買ってみた。

今日も早めに帰宅できた。走りに行こうかと思ったが,明日,たっぷり走れるということもあって,結局,あまり気が乗らずパス。

夜,ジロ・デ・イタリア第7ステージを観戦しながら新バーテープを巻く。その際,サドル側面も破れてしまっているのに気付いた(涙)。こちらは,取り敢えずゴム系接着剤で補修。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月15日

落車…他

08mobile_027
妻がトレーニングセンターでもらってきた「スーパーバーム」。名前からして効きそう。石見グランフォンド初日はこれで乗り切った?

昨日のジロ・デ・イタリア第5ステージは今大会初めて日本時間の24時前にゴール(D.ミラーがあの後どうやってゴールしたか非常に気になるところ。)。これで朝練を…とも思ったが,一昨日くらいから喉に痛みがあり,結局,大事を取って朝練はパスした。

18時に帰宅した後,(仮称)呂台専用号+WH-7850-SL車輪で走りに出る。尻のサドル擦れの部分にはクリームを塗って行った。広域農道を走ろうかと思ったが,久々の走りでもあったので,平地基調の(仮称)佐太神社練のコースを選択(神社前の工事区間回避のため,先日から,一部,県道37号線を走るようにしている。)。恵曇までは日本海に沈む夕日を見ながらの走行。そこから少し足を伸ばしてみようと思ったのが間違いの元。ダンシングで登りながら変速した瞬間,何かに引っ掛かったと思った途端に,足が激しく空転。丁度ダンシング中だったこともあり,バランスが取れずにそのまま右側に転倒。まず目に入ったのは,右ハンドルの破れと,外れかけていたバーエンドキャップ,次に右親指先と中指先からの出血。ちょっと深く切ってしまった。最初は単にチェーンが外れただけかと思ってしまっていたけど,振り返ったら,切れたチェーンが地面に落ちていた。取り敢えず,怪我のない左手でチェーンを拾い,坂の下まで下ってから修理にかかる。幸い,滅多にないこんな事故に備えてチェーン切り付きのリッチーの携帯工具を持参していた。リンクが外れた部分は,プレートが歪んでいて,再利用は難しそうだったので,2駒切り詰めることにした。右手指先の怪我のせいで,右手が使えず,チェーンを後変速機に通すのに一苦労。チェーン切りの操作にも難渋したが,怪我していない指先を真っ黒にして何とか作業を終えた。身体も気温もすっかり冷えてしまって帰路につく。右手親指を突き指してしまったみたいで,右手でのハンドルの保持にも苦戦した。今日はおとなしく平坦基調の県道37号線を使って帰った。約59分,約26.4km。体重62.8kg。体脂肪率15.5%

夕食後,(仮称)呂台専用号のチェーンを交換するか,それとも短縮した2駒分を追加しようかと思ったが,52T×25Tにしても無理はない様子なので,そのまま使うことにした。

などと日記を書いている間に,今日のジロ・デ・イタリア第6ステージはゴールしてしまった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年5月14日

石見グランフォンドの軌跡他

Map08051011ss
初日が赤線,二日目が青線。

昨晩は,日記を掲載した後に,WH-7850-SLをロードバイク(仮称)呂台専用号に取り付けるため,スプロケットを,石見グランフォンドで使った8S用12T-26Tから,手組みXR-300車輪に使っていた9S用12T-25Tへ換装。手組みXR-300車輪には9S用13T-23Tを付けておいた。

その後は睡魔と闘いながらジロ・デ・イタリア第4ステージ終盤を観戦。やはりゴール前は何度か瞼が落ちかけた。このところ,落車→怪我→リタイヤが続いていて,結構痛々しい。

で,今朝も休養日。今日は街乗りピストで出勤。帰りに写真屋で,現像が済んだフィルム(連休中に撮影したもの)を受け取った。

明日は,無理してでも朝練を…ということで,(仮称)呂台専用号にWH-7850-SL車輪を取り付けた。やはりブレーキ位置の調整が必要だった。ずっと逆さになっていた(仮称)厄除祈願号もようやく組み上げた。

そろそろ石見グランフォンドの執筆を…と思ったけど,その前の舞洲クリテリウムの結果もまだ書いていなかったことを思い出した。そのうちに再来週の島根県自転車競技選手権(ロード)も来てしまう(まだ申し込んでないが。)。やらなければならないことが結構詰まっている感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日

ちょっとした買い物他

08mobile_037
携帯用スタンド。結構軽い(138g)。果たして使い勝手はいかに?

昨日も睡魔と闘いながらジロ・デ・イタリア第3ステージの終盤を観戦。横になると落ちてしまいそうだったので,布団の上に座って見ていたけど,何度も瞼が落ちかけていた。

今日も休養日。ジロの放送中はなかなか朝練の実行が困難(というより,昨日今日と飲み会続きで,自転車の整備ができていない。)。

今回の石見グランフォンドに関する覚書追加分。
●石見グランフォンドの初日,濡れたレーパンで長時間のシッティングを続けていたせいか,久々に尻がサドル擦れになってしまった。二日目が心配になる。こんなときはレーパンのパッド部にクリーム(ディクトン・スポーツ)を塗り込むのが良いのだろうけど,こちらも普段,マッサージ油類と一緒にしてあったため,併せて失念。薬局で軟膏でも買いたかったが,生憎,多岐の宿の近くには見当たらず,結局,代用品?として,髭剃りジェルを塗った。で,二日目,走り始めは多少痛んだけど,そのうちにそれほど気にならなかった。髭剃りジェルの効果があったかどうかは不明。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日

不覚!他

昨日は,布団に入った状態でジロ・デ・イタリア第2ステージの終盤を見ていたけど,300km走の疲れが出たためか,気が付いたらゴール後だった…。
今朝は,そのゴール前の場面を見直してから出勤。

今日は休養日。夜は飲み会だったこともあり,昨日,帰宅してからひっくり返しておいたシクロクロスバイク(仮称)厄除祈願号はそのままの状態で放置。

肝心な磁石部分が欠けていたWH-7850-SL用の磁石が届いたので,早速装着。暫定的に使っていたSHIMANOカーボン(WH-7700カーボン)附属のものよりしっかり固定できる。

以下,今回の石見グランフォンド参加に関する覚書。
●今回はマッサージ油類を失念してしまった。初日は雨だったのと,3月並の低い気温ということで,膝に少々不安を抱えることになったが,事前のマッサージ(+膝ウォーマー)のおかげか,膝痛に見舞われることもなく走り切れた。二日目は晴れになったけど,念のため膝ウォーマーを着用し,やはり膝痛を回避できた。
●POLARのHRMは,二日分の記録を取るため,ケイデンスと高度機能を外して行った(これで14時間余の記録が可能。)。パソコンを使ってあれこれ設定している際に,自動開始停止機能まで解除してしまっていたようで,初日,走り始めてもHRMが動かず,またまたマグネットの位置がずれたかと思い,止まってしまった。
●普段,マッサージ油類と一緒にしてあったHRM”乳バンド”に塗るハンドクリームも失念してしまったので,代替品として,髭剃りジェルを使ってみたら結構具合が良かった。考えてみると,心電図検査の時に塗られるジェルにも似た感触の品なので,用途的にはハンドクリームよりふさわしいのかもしれない。
●初日は似非フルガード泥除けを付けて出走。激しい雨で,全身が濡れてしまったことに変わりなかったけど,レーパンの尻が汚れることはなかった。後方への跳ね上げも少なかったはず(初日は99%単独走だったので,あまり関係なかったかもしれないが。)。
●初日は長袖厚手下着+夏生地Verdadジャージ+雨具,ビブショーツ型レーパン+膝ウォーマー,指切り手袋という組み合わせ。長袖下着の下に発熱機能付き半袖下着を着るかどうか迷った。最終的に,それだと極寒期のシクロクロス参戦時と同じ格好だと思って止めたが,実際に走ってみて激しく後悔した。手袋も,極寒期のシクロクロスと同じく防寒手袋が必要だった。
●二日目は,長袖薄手下着+夏生地Verdadジャージ,ビブショーツ型レーパン+膝ウォーマー,指切り手袋。朝のうちは少し冷えて,風も冷たかったので,念のために内ベストを着ていったが,結局,最後まで着たままだった。濡れた靴を履きたくなかったので,二日目は替靴として持参した決戦用SPD靴を履いた。

2008_05110116s_2


お約束?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月11日

石見グランフォンド終了

R0017025s_3
初日の激闘?を物語る背番号。

今日も5時起床。今日もパンの朝食。6時過ぎに宿を出て,6時30分前に会場へ。前日の予報では曇りということだったけど,朝から青空が見えている。ただ,風は強そう。

事前説明が終わった後,スタートを待つ間に,昨日ずっと先頭を走っていた人を見つけて声を掛けた。三瓶山で迷い,昨日は結局200kmくらい走ったらしい。その人の後に並ぶ。8時少し前に出発。市街地を抜けるころに3人の小集団になる。第1補給所を過ぎてばらけてしまい,2番手に。第2と第4補給所で,その先頭の人と少し重なったけど,結局,追いつけず,約7分遅れの2番手でゴールした。約4時間52分(実走行時間),131.8km,累積標高1665m,平均速度26.9km/h。

Koudo080511

ゴール後はすぐに撤収し,妻のリクエストで畳ヶ浦まで足を伸ばし,奇岩の数々を見物。14時くらいに帰路につく。今日は妻が運転してくれたので,助手席で少しうとうとできた。キララ多伎でトイレ休憩+買い物。またまた海岸線の道~国道431号線に入って17時過ぎに帰宅。

昨日,雨の中で酷使してしまった(仮称)厄除祈願号は,シートピラーを抜いて逆さにしておいた。

昨日から始まったジロ・デ・イタリア,夕食後,昨日の第1ステージのチームTTの録画を飛ばし飛ばし見た。
(仮称)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年5月10日

石見グランフォンド初日

5時に起床。部屋の中で朝食(昨日のうちに買っておいたパン。)を済ませ,6時15分にチェックアウト。外は無情の雨…。

6時30分にアクアスに着いて,準備諸々。7時30分にスタート。最初から最後まで雨具を着っぱなし。第1補給所過ぎから一人旅になる。1人がずっと先行していた。第3補給所での昼食時に顔を合わせることができて(丁度食事を終えるところだった。),少しだけ会話をする。今回が初参加とのこと。すぐに出発して行ってしまった。昼食を済ませ,10分差くらいで後を追う。当然姿は見えず。ただ,その人は三瓶で迷ってしまったみたいで,第5補給所で,スタッフのF間氏から1番と言われる。寒さに震えながら三瓶を下り,そのまま14時59分にゴール。約7時間3分(実走行時間),171.8km,平均速度24.6km/h,累積標高2712m。

Koudo080510_2

ゴール後は歯がガタガタ,震えが止まらず,豚汁のサービスを受けるも,箸を持つことができず,器から直接飲むのが精一杯だった。

雨のせいで,路面の矢印が見にくかったが,GPSに落としたウェイトポイントデータのおかげで,迷うことなく走ることができた。ナビ機能や地図機能のないGPSでも結構使えた。

妻の運転で,そのまま本日の宿である多伎のマリンタラソ出雲に直行。シャワーを浴びてざっと汚れを落とした後,水着に着替えて,海水の温水プール(マルチプール)のジェット水流で諸々マッサージ(特に脚を中心に。)。雨の中の走行で,右尻に擦過傷(サドル擦れ)ができてしまい,海水がしみて痛かった。

19時前からレストランのバイキングで夕食。生ビール2杯ですっかり全身が弛緩してしまった感じ。部屋に戻り,明日のコースの予習(昨日の復習?)。二日目のコースの分についてはウェイトポイントデータを落としておらず,昨日のコースの下見と,その際に所々GPSを作動させて取得したトラックが頼り。地図を大雑把に頭に入れる。さすがに眠かったので,21時過ぎに就寝。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年5月 9日

石見グランフォンド前日

移動日のため,休養。

今日は有給休暇を取り朝から準備諸々。
昨晩は,カシミール上で,今年の石見グランフォンド初日のコースをチェックし,所々にウェイトポイントを置いた。今朝になって,そのウェイトポイントをForetrex101に落とした。
明日は雨模様らしいので(涙),(仮称)厄除祈願号に似非フルガード泥よけをつけていくことにした。さらにチェーンには,FINISHLINEのXC用の湿潤式のチェーン油を塗った。

10時30分過ぎに出発。国道9号線を西進し,出雲ドーム近くの「きゃろっと」で昼食(タンポポオムライス)。
石見グランフォンド前日

その後も国道9号線を西進。が,道の駅キララ多伎を過ぎたあたりで,携帯用空気入れを忘れたことに気付く。代替品はないので,やむを得ず一旦家に帰ることに。帰りはキララ多伎から海沿いの道を走り,国道431号線を使ってみた。出雲市付近の混雑を避けられるので,こちらの方が早そう。

13時45分くらいに一旦家に帰った後,妻の運転で出発。国道431号線→国道9号線でまずは大田市へ。時間が無くなってしまったけど,二日目のコースの下見をすることにして,そのまま妻の運転でコースを辿る。車1台がやっと通れるような細い道があったりして,ゴールのアクアスに付いたのは18時30分すぎ。受付を済ませ,19時前に,去年と同じ千畳苑に到着。今回は活イカ膳を食した。
石見グランフォンド前日

明日の準備を済ませ,22時に就寝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日

この前読んだ本他

0804mobile_059
「ドイツ夜間防空戦」W.ヨーネン著,渡辺洋二訳
夜戦パイロットの日常+物量に押されてジリ貧になってゆく敗戦国のパイロットの悲哀。
この時代の,機首にアンテナがゴテゴテ飛び出している夜戦のデザインが妙に好き。

寝坊したが,(仮称)厄除祈願号+WH-7850-SL車輪で(仮称)佐太神社朝練短縮版。今日は長袖下着+半袖ジャージ+腕ウォーマー,Naliniレーパン+膝ウォーマーを着用。少し汗ばむ程度で丁度良かったか。約46分,約20.3km。体重63.4kg。体脂肪率16.0%

昨日からHRMが不調。昨日は”乳バンド”からの信号を拾わなくなってしまった。暖かいので大丈夫だろうと,横着して肌クリームを使わなかったせいかもしれないが,昨日の時点で念のため電池(CR2025)を交換しておいた。今朝の時点では,一応信号は拾ったものの,反応が超鈍かった。風呂に入った後,電極付きベルトとの接点部分を掃除しておいた。
なお,明後日からの石見グランフォンドに備えて,昨日の時点でknogの赤色点滅灯の電池(CR2032)も交換した。

土曜日の天気,少し持ち直したかのように思っていたけど,今日の時点で,土曜日の午後からの降水確率が70%に跳ね上がっていた…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 7日

連休五日目?

6時に起床。6時30分に,外湯(薬師湯)に浸かりに行く。昨日の元湯程は熱くない。朝風呂なのでさっさと入った後は3階のテラスで無料のコーヒーを飲みながら涼んだ。

チェックアウトの後,しばし街中を散策+写真撮影(機材等は昨日と同じ)。自分達への土産を買った後は,温泉津を離れ,やはり銀の積出港の鞆ヶ浦(仁摩町馬路)へ。ここでも散策+写真撮影。付近の「鞆の銀蔵」にて昼食。
今日の昼飯
ボベ飯刺身付き。

その後,鳴り砂で有名な琴ヶ浜に寄り,仁摩町内の喫茶店でところてんを食した後,帰路に付く。途中で給油(¥149/L)。15時過ぎに帰宅。

R0016973s
GR Digital/28mm '08.05.07(一部トリミング)

一息入れた後,16時30分から(仮称)厄除祈願号+7850-SL車輪で走りに出掛ける。今日は北山広域農道を西進。往路は強い向かい風。適当なところで折り返した。約2時間1分,約48.8km。体重62.6kg。体脂肪率14.0%

夜は週末に備えた(仮称)厄除祈願号の整備の続き。ここ数日,チェーン油をどうするか迷っていた。雨天だった場合に備えて,FINISHLINEのXC用の湿潤式のものにするかどうか悩んだけど,結局乾燥式のものを塗った。ただ,今日の時点でも10日の天気は微妙。雨が降らないことを願うばかりだが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 6日

連休四日目その2

チェックインを済ませた後は,早速宿の内湯(温泉)に入る。時間が早かったせいか,他の客の姿もなく,のんびりとお湯につかることができた。風呂から出た後,夕食まで時間が余っていたこともあり,せっかくなので元湯に行くことにした。こちらは打って変わって大勢の人でごった返していた。熱めの湯には,足先を浸けるのが精一杯だった。すっかり火照った身体を冷やしながら宿に戻る。

妻が,食事で選らんだ宿ということもあって,さすがの夕食だった。
連休四日目その2

08mobile_003

08mobile_002

08mobile_001

夕食後は,テレビを見ながらのんびり過ごす。早寝のつもりだったけど,22時から始まった某国営放送のアフリカ縦断の旅に見入ってしまい,就寝は23時30分過ぎになってしまった(終盤は半分落ちていたけど。)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連休四日目

脚に疲れが残っていたので,無理せず休養日とした。

午前中に,思うところがあって,SHIMANOカーボン(WH-7700)からタイヤを剥がした。まだ決戦用タイヤ(コルサCXTT)は使えそうなので(浜松時代に買ったものなので,もう捨てるべきなのかもしれないが…。),なるべくリム側にテープが残るようにゆっくり剥がしたが,タイヤ側にも結構テープの残渣が残ってしまった。

明後日も有休を取ったので,今日から1泊旅行。荷物を詰め込んで,10時45分くらいに出発。国道9号線を西進。途中,キララ多伎で休憩。連休中ということもあって,たくさんの車でごった返していた。話題?のパン屋で海を見ながら昼食。
連休四日目
晴天で,青い日本海が美しかった。

R0016910s
GR Digital/28mm '08.05.06

昼食後,そのまま9号線を西進し,仁摩サンドミュージアムを見学。

そして目的地の温泉津へ。まずは沖泊。16世紀後半に石見銀山の銀の積出港として栄えた場所。石見銀山本体?は大変な人手らしいが,交通の便が悪いせいか(道路の道幅も狭く,団体客向けではない。),連休最終日ということもあってか,ほとんど人がいなくて静かで良かった。

R0016923s
GR Digital/28mm '08.05.06

やきものの里で登り窯を見て,温泉街をうろついた後,16時過ぎくらいに本日の宿「のがわや」にチェックイン。

今日は,NikonF3+Nikkor50mm,f1.2+RVP100,Rollei35+カラーネガ,GR-Digitalでいろいろ撮影。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日

連休三日目

午前中は雨との予報だったので,昨晩の時点から朝走るのは断念(たいした雨量じゃなかったかもしれないけど,来週の本番を前に(仮称)厄除祈願号を汚したくなかったので…。)。

朝方,(仮称)厄除祈願号に付けたWH-7850-SL前輪を見たところ,リム右側の一部にブレーキシューの汚れが付いていた。シューの当たり方に偏りがある感じだったので調整した。

午前中は車を走らせ大根島の由志園へ。今日はNikonF3+AF MicroNikkor60mm,f2.8+RVP100(+GR-Digital)で撮影。

連休三日目
昼食はその由志園にて済ませ,その後で特別公開?の熔岩窟を見学。

帰宅後に走りに行くつもりだったけど,しとしと雨が降り続いていたのと,何か身体の疲れを感じたのとで,なかなか踏ん切りが付かなかった。このまま休養日にしてしまおうかとも思ったけど,自分自身にカツを入れるため,雨が上がったのを確認して,16時過ぎに走りに出る。今日も(仮称)厄除祈願号+WH-7850-SL車輪。昨日に比べてかなり気温が低かったので,冬生地長袖Verdadジャージ+新3Dパッド付きタイツを着用(手袋は指切り。)。美保関灯台までの往復。クリートを新品に交換した練習用SPD靴は,気になるガタも異音も発生しなかった。すり減ったクリートが原因だったみたい。これで当面非決戦用のSPD靴として使えそう。約2時間17分,約63.5km。体重63.0kg。体脂肪率14.0%

1週間を切った本番前に自転車をあれこれいじるのはいけないのかもしれないけど,夕食後,(仮称)厄除祈願号をまた少しいじった。インナー×ロー(39T×26T)で,後変速機と26Tスプロケットが少し干渉していた。オフシーズン仕様への改装の際,チェーンを4駒追加したけど,少し長すぎたようなので,2駒減らした。前後変速機にはメンテルーブを注油した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日

連休二日目

当初は,朝から1日走り回るつもりだったけど,昨日の夕方からの頭痛が今朝まで続いたため,断念。

妻のリクエストで,車を走らせ,鬼の舌震へ。今日は,NikonF3+Nikkor50mm,f1.2,Sigma 28mm,f1.8 Aspherical+RVP100(+GR-Digital)で撮影。

R0016842s
GR Digital/28mm '08.05.04

帰りに,大東「海潮路」にて昼食。
今日の昼飯
「割子そば」か「釜揚げそば」だけという潔いお品書き(しかも土日しか営業していない。)。

帰宅後,15時から(仮称)厄除祈願号+7850-SL車輪で走りに出掛ける。渓谷の遊歩道を歩き回った脚に疲れがあるので,平地基調で…とも思ったけど,結局,原発坂へ。大きく周回を取って2回登った。スペーサーを入れたおかげで,変速不良は解消していた。約2時間18分,約55.3km。体重62.4kg。体脂肪率14.0%。防寒SPD用から練習用SPD靴(SH-M220)に戻してから,クランクを回した際のクリート付近からのガタ+異音が気になっていたので,今日は現決戦用SPD靴(SH-M225E)を使ってみたところ,ガタつきも異音も全くなかった。やはり靴は消耗品なのかもしれない。悪あがきで,クリートの摩耗の可能性を見当するため,練習用SPD靴に新品のクリート(SM-SH51,かなり昔から工具箱の中に入っていたもの。)を取り付けて様子を見ることにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 3日

連休初日

昨晩は,衝動買いした新兵器(WH-7850-SL)を早速試すための準備を諸々。チューブレスタイヤはまだないので,暫定的にクリンチャータイヤを取り付けることにし,手組みOPENPRO車輪からタイヤ(PanaのEXTREME VALIANT EVO2 23C)を外して移植。最初に前輪にタイヤを嵌めた時は少々苦労したけど,レバーを使わずに何とか納めることができた。慣れたおかげか?後輪はもっと簡単に済んだ。チューブのバルブは普通?の長さのもので済んだ。(仮称)厄除祈願号に付けたところ,OPENPROよりリム幅があり(ちょっと意外。),ブレーキのアーチワイヤーを嵌めることができなくなったので,ワイヤーの位置を少しずらして対処した。後輪にはSRAMの8S用12T-26Tスプロケットを取り付けた。ところが,前輪に付属品の速度センサー用磁石を取り付けたところ,全然反応しない。おかしいと思って見たら,中身に磁石が入っていなかった。仕方ないので,SHIMANOカーボンから同型の磁石を外して移植(少し緩かったのでテープを巻いた上から取り付けた。)。

今朝は5時50分に起床。上は,薄手長袖下着+夏生地長袖ジャージにベスト型ウインドブレーカー,下は膝丈ビブショーツ。6時30分発。新兵器にどの程度の効果があるのか試すため,まずは美保関灯台へ。多少意識してしまったせいもあると思うが,これまでより結構速い平均速度で走りきることができた。その後はいつものように日本海側に出た。前をインナーに落としたところ,変速不良発生。よくよく思い出してみると,昨日,8S用のスプロケットを装着した時点で,他の8S用車輪のようにスペーサーを挟むのを失念していた。その場はコマンドシフターをフリクションに切り替えて対応。やはり序盤に飛ばしすぎたみたいで,後半にバテが来た。今日は恵曇で離脱し,佐太神社前を通って帰宅。約4時間9分,約98.9km,累積高度1206m。体重61.8kg。体脂肪率16.0%。今日は羊羹3本を補給。暖かかったせいか,走行時間の割に,新POLARボトル大の飲料が早く無くなってしまった。

帰宅後,早速7850-SL後輪のスプロケット取り付け部分にスペーサーを噛ませた。

昼食後,妻とともに佐太神社まで出掛けて,祭りをNikonF3+Nikkor50mm,f1.2+RVP100で撮影。

200704_05_rollei35_0001s
Rollei35/40mm Tessar,f3.5  '07.04.26

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 2日

衝動買い他

Dscf0033s
つい…。

664g,後878g,前クイック60g,後クイック67g

朝,目覚ましで起きるも,あまりの眠さに,二度寝してしまい,休養日となる。

仕事から帰り,荷物の到着を確認し,Hサイクルに行き,新兵器用のブツを探したが,在庫が無かったのでその場で発注。石見グランフォンドに間に合うかどうかは微妙。

夜は,新兵器をあれこれいじる(詳細は後日。)。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年5月 1日

衣替え他

昨日から急激に暖かくなったので,急遽春~夏~秋用の背広に衣替え。この時期用の背広は,生地が薄手なので,スペアズボン付きのものが多いので,それだけ多くのサスペンダーが必要になるが,手持ちのサスペンダー8本のうち,4本が,革の部分が千切れたり千切れそうになったりで使えなくなっていた。昨日は,革の一部が千切れそうになっていた1本につき,当て革をして修理。今日は,革の一部が千切れてしまっていた別の1本について,似たような形に切り出した革の部品と入れ替えて修理(色の違いには目をつぶることにした。)。
200805012205000

今朝は(仮称)厄除祈願号+手組みOPENPERO車輪で(仮称)佐太神社朝練。朝のうちは気温が低めだったので,大げさかとも思いつつ,冬生地長袖Verdadジャージ+新3Dパッド付きタイツ+指付き手袋を着用していった(靴は普通?のもの)。結果的にはそれで丁度よかった。今日はこれまでと比べて高速度を維持できたような気がする。約57分,約26.0km。体重64.4kg。体脂肪率15.5%

(仮称)厄除祈願号本体は半つや消し黒色で,昨日タッチアップ用塗料を塗ったところのつやが目立ったので,仕事から帰宅後,フラットベースを混ぜたタッチアップ用塗料を上から塗り重ねた。

知夫里島にて
200708_rollei35_00069s
Rollei35/40mm Tessar,f3.5  '07.08.23

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »