« 今日の昼飯×2 | トップページ | 土曜日の出来事他 »

2007年7月 1日

飯南ヒルクライム試走会他

6時起き,7時10分過ぎ発で飯南ヒルクライム試走会に参加。ロードバイク(仮称)呂台専用号をあれこれ準備するのが面倒だったので,(仮称)厄除祈願号+激重?練習用チューブラホイールをそのまま車に積み込んだ。一部高速道路を使って,途中道の駅頓原で休みを入れて,8時20分前後に現地着。生憎の天気で,試走会の始まる前から雨が降り始めた。出発前に,練習用チューブラホイール前輪のタイヤ表面を見ると,結構穴が目立つ(念のため,昨晩の時点で,一応,千枚通しを使っての掃除+穴埋めをしたのだが…)。悪天候のせいか,集まったのは案内役のF間氏(石見ライドの際,三瓶山でVerdadジャージを見て声を掛けてくれた人。K山さんのことを知っていた。)を含めて4人だけだった。寒そうだったので,半袖ジャージ+腕ウォーマー,レーパン+膝ウォーマーの組み合わせ。下り用に背中のポケットにウィンドブレーカーを入れた。スタート後,しばらくの間は登ったり下ったりの繰り返し。中盤は,林間の登り区間。しばらく走ったところで,道路上に流れ出た砂利?の上を越えた途端に,「プシュー」という音と共に,前タイヤから空気が飛び出す(空気が冷えていたせい?か,本当に白い蒸気のように空気が吹き出すのが見えた)。やはり古くなったタイヤは早々に交換すべきだったみたい。後悔先に立たず。皆が待ってくれていたので,急いでタイヤ交換。予備のチューブラタイヤをホイールに嵌めて,携帯用空気入れで軽く空気を入れてから,慎重にバルブの位置に合わせて,CO2ボンベで一発充填。最小限の時間で復帰できた(?)。この後,雨はますます激しくなる。気を取り直して頑張る予定だったけど,昨日の疲れが脚に残っていて,身体が重くて,この後の区間でずるずると遅れてしまう。今日は全く良いところがなかった。晴れた日なら眺望を楽しめたはずの終盤も,ガスで何も見えない状態。ウィンドブレーカーを羽織って下りにかかる。指先がかじかんで,ブレーキを操作するのがちょっと辛かった。上から下までビショ濡れになって試走を終えた。

今日は初めてOGKのモストロを被ってみた。手に持っただけで分かる軽さだけど,被り心地?も全く無問題だった。

家族サービスをして帰宅後,今日,(仮称)厄除祈願号を固定していった車載用自転車載せを少しいじる。後側の固定部分の幅が少し広めになって,ワンタッチで外れなくなっていたので,位置を少しずらして調整した。

雨の中を走った(仮称)厄除祈願号は,念のため,シートピラーを抜いて逆さにして水抜き(見た限りでは水が出てくることはなかったけど)。しばらくその状態で放置してから,フレーム内にラスベネを吹きつける。サドル+シートピラーは,再びFLITE付きのに戻した(パッドの薄いレーパンで乗るにはSLRよりFLITEの方が痛みが少ないので)。この間に,練習用チューブラホイールのタイヤを交換。今日予備に使ったタイヤ(使い古したかつての決戦用タイヤ)は,夜の時点でかなり空気圧が下がっていたので,お払い箱にすることに。すり減っている後タイヤを予備のタイヤに回すことにして,前後とも,新品の安物チューブラタイヤと貼り替えた。決戦用のチューブラタイヤは両面テープを使っているけど,パンク時の交換作業の容易さ・迅速さから,練習用車輪はリムセメントと決めているので,指先を汚しながらリムセメントをリム+タイヤ3本(1本は予備用)に塗る作業。車輪を自転車に戻した後は,雨中の走行で汚れてしまったチェーンの洗浄+可動部への注油。ついでに,表面がすり減っていたボトルケージ(DURACAGE4.5青)を,この前入手した新品と交換。最後にすっかり湿ってしまったバーテープを乾いたタオルで押さえつけるようにして水分取り。

|

« 今日の昼飯×2 | トップページ | 土曜日の出来事他 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飯南ヒルクライム試走会他:

« 今日の昼飯×2 | トップページ | 土曜日の出来事他 »