« お手製高圧?洗浄機(1日目其の弐) | トップページ | お手製「弱高圧」洗浄機(2~4日目) »

2007年1月17日

お手製高圧?洗浄機(1日目其の参)

一番の問題のホースとポリタンクの接続部分。
ホームセンター等で部品を見ながら,どうやって固定するかあれこれ考えたが,ホース接続用具が部品と部品をねじ込んでホースを固定するような形状になっているので,その部品と部品の間にポリタンクを挟み込むようにして固定すれば比較的簡単に固定できるように思われた。
ホース接続用具には,ワンタッチで外せるようになっているもの(\598)と,そうでないもの(\398)があったが,収納時はホース部分が外せた方が楽だと思い,前者を購入。
その後で,ホームセンターの違う階にあったポリタンクを実際に手に持って見て,上記のような方法でホースを固定できるのはもう一つの蓋でしかないことに気付いた(蓋を外すのであれば,ワンタッチ式でなくても良かったかもしれない…)。
こちらの方は口径が大きいので,ドリルで穴を開けるわけにいかず,コンパスカッターを使用。
素材自体は柔らかいけど,そのせいで,力を入れると刃が円の内側に入ってしまい,厚さもあって,なかなか貫通できない。
途中でひっくり返して反対側からも作業してみたけど,やはりなかなか到達しないので,最後は,ピンバイスで円の縁に沿って次々と穴を開ける方法で貫通させた。
この穴の大きさでタップを切ることは無理だけど,できれば部品が入るギリギリの径にして,ねじ込む形で固定できるようにしたかったので,最後は現物あわせをしながらカッターやドリルのヤスリで穴を広げた。
こちらも,ゴムを介在させることで密閉性を高めたかったので,最初は3mm厚のゴム板を切り取ったものを挟み込んでみたけど,厚さがありすぎて,接続用具同士のねじ込みが足りないので,ないよりましの0.5mm厚ゴム板に変更。
Dscf0024s
内側に垂らすホース(目分量で約35cm程度にした)を接続して,接続用具をねじ込んで固定しようとしたが,どうもホースの固定がいまいち。
蓋の内側を見ると,パッキンを固定するための凸部があり,それがじゃまをしている感じなので,カッターで削ってみた。
これで組み立てたところ,今度は一応ホースも固定できた感じ。
残ったホースを,蓋の外側に接続する部品に固定し,その反対側にノズルを取り付けて,取り敢えず完成。
1日で形になってしまった。予想外の早さ。
空気入れで空気を送り込んでみる。空気が漏れる音はしないし,ノズルの引き金?を引くと勢いよく空気が出る。
これは期待できると思い,ポリタンク内に水を入れて風呂場で実験。
空気入れで2気圧程度まで空気を入れる。ポリタンクが少し変形して,ころころ動くようになる。
その状態で,ノズルを調整し,引き金を引いてみると,噴霧器とは比較できないくらい勢いよく水が飛び出す。
これなら使える,と思ったけど,あっという間にタンク内の圧が下がり,水の勢いが無くなってしまう。
これだと絶えず空気入れで空気を入れながらでないと使い物にならない。
よくよく水の出方を観察すると,どうも空気が混ざって水と一緒に吹き出している感じ。
どこかで密封性が不十分で,空気混入が生じているのかもしれないと思い,バルブと蓋,そしてホースと蓋の各接続部分をシリコンの充填剤で埋めた。
あと,ノズルに接続したホースが少し長すぎる感じがしたので,切断し,110cmくらいにした。
1日目はここまで。
Dscf0028s

|

« お手製高圧?洗浄機(1日目其の弐) | トップページ | お手製「弱高圧」洗浄機(2~4日目) »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お手製高圧?洗浄機(1日目其の参):

« お手製高圧?洗浄機(1日目其の弐) | トップページ | お手製「弱高圧」洗浄機(2~4日目) »