« 強く生きろ! | トップページ | サランラップ療法終了 »

2005年10月 6日

サランラップ療法その後

 順調なのかどうかは分からないけど,傷口を洗っても染みたりすることはなくなった。
 ただ,傷口の周囲がかぶれてしまい,かゆくて仕方ない。
 原因が,サランラップで密閉したせいなのか,その縁を止めたテープのせいなのか,それとも巻き付けるだけで固定できるという特殊?な包帯のせいなのかは不明。念のため今日からは普通の包帯に戻した。
 あと,サランラップを外した時の臭いの凄さにも閉口している。
 そうしたことばかりが気になるので,直りの早さはあまり実感できていないのが現状。
 …
 などと昨日までの経過を思いつつ,今日の夜になって傷口をみたら,ほとんど皮が再生されていた。
 ただ,一カ所はまだ皮がむけた状態なので,引き続きサランラップで覆った。
 でも,周辺の湿疹様の部分の痒みも頂点に達している。

|

« 強く生きろ! | トップページ | サランラップ療法終了 »

コメント

なんか想像しただけで「うぇっ」となりそうです。

投稿: HIDE | 2005年10月10日 00時06分

あの匂いって路上でペっしゃんこになっている哺乳類の死体の匂いと同じなんですよね・・・・。

投稿: 泥山田 | 2005年10月 8日 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201/6285528

この記事へのトラックバック一覧です: サランラップ療法その後:

« 強く生きろ! | トップページ | サランラップ療法終了 »