« 革細工(続き) | トップページ | 少し早い彼岸花 »

2004年9月11日

取り替え引っ替え…

朝2番くらいで整形外科に。
昨日の帰りに,無性に,NikonFを使いたくなっていた。
そこでリストラ対象にもなっていたアイレベルファインダーのNikonFに,これも使用頻度が極端に少ないMicroNikkor55mmf3.5を付けて鞄に忍ばせた。
今日はILFORDのXP2(カラー現像処理をするモノクロフィルム)を入れてみた。
一眼レフの有利さを生かして時には接写をしたり,時には準標準レンズ的にスナップをしたり。
このところレンジファインダーばかり使っていたけど,一眼レフも良いなと改めて思った。
さすがにNikonの一桁台,NikonEMの時に気になったミラーショックが気になることは皆無だった。
やっぱり手放せないなと思った。

ぶらぶら撮影しながら母校(高校)の前を通ったら,文化祭(桐陰祭)をやっていた。
私の在学中は5月だったが,変わってしまったみたいだ。

昼から妻と食事や買い物等のために池袋~神楽坂へ。
今度は軽さを優先してLEITZminoltaCL(40mm)を持ち出す。
残っていたモノクロフィルムを使い切ってしまった。
カメラ店ではMR-9型水銀電池と同型のアルカリ電池が1個余っていたので買ってみた。
電圧が水銀電池の1.35Vに比べて1.5Vと高い。
CLの水銀電池がもう限界に近い感じだったので,撮影が終わったCLに入れてみた。
厳密に比べた訳ではないが,単体露出計に比べて1段くらい高い値を示していた。
カメラ店では大型のブロアーも買った。
スキャナを使うようになってフィルムのホコリを吹き飛ばすためにガスのを使っていたのだが,それだと不経済だし,地球環境のことも考えないとと思った次第。

|

« 革細工(続き) | トップページ | 少し早い彼岸花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1201/1414229

この記事へのトラックバック一覧です: 取り替え引っ替え…:

« 革細工(続き) | トップページ | 少し早い彼岸花 »